ロスマンズのある風景 NSR250R-SP

DVC170925nsr (1)
フロントフォークのオイルシール交換

DVC170925nsr (2)
オイルシールを抜いて

DVC170925nsr (3)
オイルシールを組み付けて

DVC170925nsr (4)
ボトムのボルトを2.0で締め付けて

DVC170925nsr (6)
オイル量オイルレベル管理にはこのスタンドを使って。
「やや固めにお願いします」とおっしゃってましたのでやや固めになるように

DVC170925nsr (7)
完成、ロスマンズのある風景
関連記事

GROM前期 フェンダーレスキット ノーマルウィンカー リアキャリア同時装着可能

DVC170924grom (1)
グロムにフェンダーレスキットを付けて欲しいとのご依頼です。
前期型なので選べるメーカーが非常に少ない。
しかもリアキャリアが同時装着可能でなければいけなくて。
ただノーマルマフラーはアップタイプのためウィンカーの位置がマフラーの下ナンバープレートよりも後ろになります。
2303076_1_03.jpg
こんな感じ

「条件に合うものが非常に少なくて」とお伝えすると「おまかせします。おかしくないですか?」
と出来栄えをすごく気にされていました。
「かっこいいですか?」という質問よりも「おかしくないですか?」の質問のほうが、
仕上がり具合をものすごく、ものすごくものすごく気にしてらっしゃると、ひしひしと感じました。
条件的にはこれを付けるしかないです。(あんまりかっこよくない)

ほんとうは、こんな感じにして欲しいのだと思います。
ggg.jpg
さあ、どうしましょうか。

DVC170924grom (3)
普通に付けるとウィンカーとマフラーの隙間が無くて当たりっぱなし。加工して少々浮かせるぐらいではエンジンをかけると振動でウィンカーがブルブル震えてマフラーに当たってビビリ音が激しく出ます。
色んなスペーサーを作って最終、これだけの隙間をつくりだせました。

DVC170924grom (4)
リアキャリアも同時装着できています。

DVC170924grom (5)
実はリアキャリアの厚さの分だけウィンカーとマフラーの隙間が厳しくなっていました。
でも同時装着。
あとはシート下への水が浸入するのを防ぐために、フェンダー裏に当て板のようなものを作って完成です。

DVC170924grom (2)
理想の形に仕上がりました。
関連記事

カブの修理 エンジンが冷えてる時に信号待ちで停止するとエンスト

1週間ほど前に「エンジンのかかりが悪いけえプラグを変えてくれえや」と来られました。「調子いいですし、まだ交換時期じゃないですが」とお答えすると「いやプラグの気がするけえ変えてくれ」とおっしゃるので交換させていただきました。

DVC170915cub (1)
「この前プラグを変えてもらってエンジンのかかりがすごく良くなったんじゃが、家からすぐの交差点で停止するとエンストする。横川まで行って今帰ってきたけど今は調子は最高にええんじゃ」とおっしゃるので「暖気してから発信していただくかチョークを引いたまましばらく走行していただくとエンストしにくいですよ」とお答えすると
「買ったときに、そうやれとお兄さんに説明してもらったんじゃが、ええけえ修理してくれえや」と。「故障じゃないのでキャブなどを分解清掃しても全く同じか変化無いかもしれませんのでお金をかけられなくてもいいのでは」と答えたのですが
「やってもらえば納得するんじゃけえ、やってくれえや」とおっしゃるので、よろこんでやらせていただくことに。
バイクの修理じゃなくて心の修理?

DVC170915cub (2)
ジェット類も詰まりもなく

DVC170915cub (3)
エア通路の詰まりもなく
非常に良好なキャブレター

DVC170915cub (4)
エアスクリュー2回転戻しが標準ですが1-3/4回転戻しにして少しでも体感していただければと。
帰られる時に「しっかり暖気していただくか、チョークをしばらく引いたまま走行していただくとエンストしにくいのと、(いらちに)アクセルをガバっと開けると、このようにかえってエンストしやすいですよ」とお伝えすると、喜んで帰っていかれました。
関連記事

何十年ぶりのカブの練習。四輪を返上されて二輪に戻られて、感覚を取り戻す練習

DVC170730rensyuu (1)
四輪を返上されて二輪に戻られました。何十年前のカブの感覚を取り戻していただくために、アクセルを戻して足ブレーキで止まる練習を。

DVC170730rensyuu (2)
こんなに広いと安心して練習できるようで

DVC170730rensyuu (3)
「大丈夫!感覚を取り戻せた」ということで安心して帰って行かれました。
関連記事

スカイウェイブ650のミラーの修理 今回はとうとう修理不可能で部品交換に

DVC170829skywave (3)
いつものようにクリップが抜けてるのかと思ってばらそうとすると、ポロポロと黒い部品がいくつも落ちてきます。

DVC170829skywave (1)
おやおや

DVC170829skywave (2)
クリップ止めの溝から上が、ポッキリ折れてしまっていて修理は不可能。ベース部分のプラッチック(関西風の言い方でプラスティックのこと)も割れて砕けていて修理不能、部品交換が必要になりました。ASSY交換になってしまいました。
関連記事
プロフィール

フジホン

Author:フジホン
12日(土)から18日(金)までお盆休みです。よろしくお願いします。
営業時間平日9時~夜7時
日祝10時~夜6時      水曜定休
「バイクで毎日が楽しくて楽しくて」
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる