もう一つの堂床山 千代田堂床山 土師ダムでカヌー/カヤックの進水式 艇の名前は

可部の堂床山の北側に、あまり登られていない千代田堂床山があります。
DVC130612doutokoyama (3)
ナビにこの林道が載っていないのは承知でしたが、ガ~ン、崖崩れで通れません。こんな時にこそバイクの出動です。
可部バイパス終点の桐陽台入り口までは丁度7時にも関わらず終点右折が信号1回待ち 54号までが信号4回?待ちでした。バイパス終点を左折して行く抜け道があるようです。ただ7時から通行禁止区間が多いので注意が必要です。その後ここから54号を左折して北上して行くのは のろのろ運転がつらいので、左折せずに一度桐陽台まで直進して最初の信号を左折して54号の1本東側をヤマザキパンの北側まで北上します。
DVC130612doutokoyama (1)
7:27最初の取り付きは地図とグーグルアースで予習していたとおり土師ダム西湖畔の老人ホームに鋭角に入るところからです。すぐに右折から林道が始まります。
DVC130612doutokoyama (2)
7:28林道黒瀬線の標識です。道路はかなりのガレ場で白木山への林道を彷彿させます。1速で腹を打たないようにそろそろと行く幹事です。
DVC130612doutokoyama (3)
7:42途中に倒木もあり枝が垂れて屋根をこする所もあり、ほんとうにキャンプに行くファミリーが通る道なのか疑問に思っていましたらいきなりの崖崩れです。ナビの表示が無いのでここで地図とにらめっこしてキャンプ場までどのぐらいか思案しています。
バイクで行けばええじゃろと道端に軽トラを寄せてカヤックをひも解きバイクを降ろそうとしてふと見るとカギがささっていません。きょうはカヤックだけ積めばええじゃろとバイクの方には気を配っていませんでした。ヘルメットも持ってきていなかったし。あちゃあ。
歩くとかなりの距離だし、こりゃあ中止かと地図をしばらく(実は、かなりの時間)眺めているとナビ上の地形と地図上の地形が一致する道があります。八千代カントリーの左から上がって行く道がキャンプ場への道に形状がそっくりでした。
この道を行ってだめなら堂床山はあきらめて進水式と決まりです。
DVC130612doutokoyama (4)
8:20また林道を1速時々2速で下っていきます。
DVC130612doutokoyama (5)
8:32戻って八千代カントリーとの分かれに来ました。ここを左手にとります。以前林道ツーリングで走ったことがあります。ゴルフ場がすぐそばに見える舗装林道でした。
DVC130612doutokoyama (7)
8:40ここを右に曲がると林道ですが直進です。
DVC130612doutokoyama (6)
8:38林道湯船線起点と書いてあります。
DVC130612doutokoyama (8)
8:43直進は砂利道で右折が舗装路です。キャンプ場へは舗装路を行きます。
DVC130612doutokoyama (9)
8:43林道琵琶ヶ池線起点と書いてありますがこの舗装路の方の事を表示していると思います。
DVC130612doutokoyama (10)
8:50八千代町いこいの森に到着です。ウェブで探しまわったのですが八千代町のホームページにも地図やルート図が無かったので到達まで苦労しました。判っていれば最初からこのルートを来たのですが。
DVC130612doutokoyama (11)
8:57人っ子一人いないいい所です。よっぽどここでカヤックを浮かべようかとも思いましたが、何かに足を引っ張られそうな気がしてやめておきました。
堂床山へ向かうにはとあらためて地図を見ますとさきほどの砂利道を直進するようです。
DVC130612doutokoyama (12)
9:05最初は快適な砂利道でぶっ飛ばせましたがすぐにがれきが大きくなり始め最後には軽トラでは走破不能なぐらいのガレ場になりました。ここが最終です。バイクが有ればまだまだ行けます。が、きょうはしようがない。
DVC130612doutokoyama (13)
9:18RCCラジオで言うには既に気温は30度近くなっている中、装備を身に着けます。きょうはササ漕ぎがあるようなのでそれなりのシャツにしました。
DVC130612doutokoyama (14)
9:23バイクが有れば・・・・と考えてもしようがない、林道の標識がありました。
DVC130612doutokoyama (15)
9:34広場に到着です。右にも道があります。が堂床山からは離れていきます。
DVC130612doutokoyama (16)
9:34左にも赤土のきれいな道があり堂床山方面に続いています。
DVC130612doutokoyama (17)
9:36ササ藪っぽいのでこの道だろうと堂床山を目指して行きます(実はこの道は不正解)

[広告] VPS

9:49林道終点の広場を堂床山が見える左にとって赤土のえぐれた崖道を登って行くとすぐに藪漕ぎが始まります。ササ漕ぎかと思っていましたがすすきのようです。あえぎながら道なき道を登っているとプロペラ機の音が頭上に響きました。6月というのに真夏の空は抜けるように青いです。引き返して帰ろうかと何度も思いましたが行けるところまでレンジャー。(引き返してカヌー遊びのほうがどんだけ楽しいことやら).

[広告] VPS

10:06山頂に到着 360度の大パノラマ。展望は全くありません。地図では南下して山の西側の山すそから真東に上っていくはずがどうやら車止めの広場から南に谷を南下し堂床山とその東側の頂の間に到達して東南東から山頂にアプローチしたようです。山頂の眺望は全くないのでそそくさと下山しました。「コーヒーで乾杯~」も忘れていました。.

DVC130612doutokoyama (18)
10:07やっとこさ、堂床山に到着しました。よかった-。
DVC130612doutokoyama (19)
10:07三角点の向こう側の木立の間を縫って上ってきました。
DVC130612doutokoyama (20)
10:08正しい道は赤テープの見える足跡がしっかりとある山道が正解です。
DVC130612doutokoyama (21)
10:22地図の通り「ササ漕ぎ」が始まりました。

[広告] VPS

10:23「山歩きと山野草のページ」さんの地図に掲載されていた「ササ漕ぎの始まり」が丁度このフェンス沿いの厳しいササ漕ぎが該当するようです。

DVC130612doutokoyama (22)
10:27ササ漕ぎをしながら下っていると何やら木の看板、でも何が書いてあったか見えません。下にも看板、同じく見えません。
DVC130612doutokoyama (23)
10:28尾根を歩いているので景観が広がりました。
DVC130612doutokoyama (24)
10:31また下りて行くと一瞬景色がよくなりました。千代田のほうが見えているのでしょう。
DVC130612doutokoyama (25)
10:33このネット沿いに延々と下って行きます。
DVC130612doutokoyama (26)
10:39どうやら鞍部に到着です。ここが四差路鞍部です。

[広告] VPS

10:42四差路鞍部。オフロード車の轍の跡があります。画面では右手に行くようなそぶりですが左手のオフ車の轍跡の方へ行きました。右手だと往路で往生こいた谷の方向へ行く道です。

DVC130612doutokoyama (27)
10:45無事広場に到着しました。右手には、朝の往路で上った赤土壁の山道が見えます。あっちへ行ってはいけません。
DVC130612doutokoyama (28)
10:46林道終点の右側にパイプ組みがどけてありました。これが地図に記載されている車止めでしょう。
DVC130612doutokoyama (29)
10:49オフローダーの落し物、中番がKCZなのでXR250/XR250バハのエアクリ下に付いているマッドガードです。
他には500cc空のペットボトルも。
DVC130612doutokoyama (30)
11:01日陰の乏しい林道をてくてく歩いて無事駐車場所まで帰ってきました。

[広告] VPS

11:45土師ダムにてカヌー/カヤックの進水式。お神酒を奉げて航海の無事を祈りました。名前は・・・・、まだ決まっていません。ファクトリィからファック2号とか娘のあだなのすがっちゃまん2号とか、父の日号とか。とりあえずは名無しの2号です。

DVC130612doutokoyama (31)
11:48いざ出艇。初めてのカヌー/カヤック。わくわくします。

[広告] VPS


11:49土師ダムにてカヤックに初乗船。生まれて初めてカヌーやカヤック類に乗りました。幅広のカヤックなので安定感もよく、乗船、即、「沈」てことにはなりませんでした。

DVC130612doutokoyama (32)
11:54カヤックの上で納涼「そうめん」のお昼ごはん。楽しいカヌー遊び。

[広告] VPS

11:56

DVC130612doutokoyama (33)
12:32コーヒーで かんぱ~い。きょうも折り畳み傘が役に立ちます。直射日光はほんとうに暑いんだもん。

[広告] VPS

12;44お昼寝から起きて、一生懸命に漕いでみました。


DSCF130613 (4)AA
間違ったルートと鞍部四差路で5番目かと思ったルート。
-山歩きと山野草のページ-さんの地図を参考にさせていただきました。

脳内BGM:クッソ暑い中の林道からすすきの藪漕ぎにかけてビールの宣伝、南米調の「 」。山頂から下山中は「 」

きょうのゴミ:車止めよりも手前のほうの林道でオフローダーが落としていった500ccペットボトルのみでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フジホン

Author:フジホン
12日(土)から18日(金)までお盆休みです。よろしくお願いします。
営業時間平日9時~夜7時
日祝10時~夜6時      水曜定休
「バイクで毎日が楽しくて楽しくて」
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる