FC2ブログ

聖山・高岳 雪山 聖湖 深入山ヒップソリ尻スキー 戸河内IC「おふくろ食堂」

DVC130220 (17)
きょうはヒップソリ尻スキーをしに聖湖湖畔の聖山に雪山登山に行ってきました。お昼ごはんは戸河内ICすぐそばの「おふくろ食堂」で「天むす弁当」です。
DVC130220 (30)
7:57「おふくろ弁当」は朝一からボーダーたちで大人気です。ここで「天むす弁当」を買って、物足りない時用に隣のセブンでいつもの「すし」を買おうと思ったら弁当のほとんどが売り切れでした。どんだけ売れてるんでしょう。仕方がないので少し離れたポプラで物色してもいいものは売りきれてしまったのか、迷いに迷って結局すし系で1個だけ残っていた「ねぎとろ巻き」にしました。
DVC130220 (1)
8:41聖湖の「手前の入り口」が結構積雪が有り軽トラで下りると帰れなくなりそうなので「奥の方の入り口」まで来ました。
DVC130220 (2)
8:41が、「手前の入り口」よりも厳しいです。誰一人として通った跡がありません。
DVC130220 (3)
8:45きょうは断念しようかと思いながら仕方なく「手前の入り口」まで戻ります。
DVC130220 (4)
8:46う~ん、どうしようか。今から雄鹿原高原スキー場まで戻ろうかと相当時間 軽トラの中で思案していましたが 後ろを見ればスクーターを積んできていました。
DVC130220 (5)
9:10熟考の末、ダムまでスクーターで行くことにしました。
[広告] VPS

9:28聖湖の樽床ダム堰堤までやってきました。(雪道の片手運転は危険なので良い子は真似しないでください)
軽トラではスタックすると思ってスクーターで来て正解でした。轍と轍の間には30cm以上雪が残っているところもあるので軽トラでは「亀の子」になるところでした。積雪の中のバイクの操縦は大変です。帰りは上り道なのでもっと大変ですが。

DVC130220 (6)
9:35スタンドを立てなくても自立しているスマートディオ2号機君。えらいね。
DVC130220 (7)
9:41森林警備隊の車が停まっていて彼等の足跡が登っています。この看板から左に登って行きます。
DVC130220 (8)
9:53山道を彼等の足跡をトレースしながら 最初は壺足で登ります。
DVC130220 (9)
10:10看板のチェックも彼らの仕事のようで足跡が残っています。楕円型のアルミかんじきを履いておられるようです。ここいらから私もかんじきを装着しました。沈み込みから性能比較をすると楕円形のほうが少し大きい分、性能はいいようです。が、この軽さがありがたいのでこちらで満足です。
DVC130220 (10)
10:31「十文字峠」にやってきました。矢印は右になっていますが人が通った形跡は無く彼らの足跡は直進しているので 素直な私は直進します。
DVC130220 (11)
10:46前方に可愛いらしい衣服が見えたので森林警備隊の方以外にも聖山登山の一般の方がおられるのかと思ったら森林警備隊の方でした。黄色いヘルメット以外は普通の格好ですね。「聖山に向かわれてるのですか?」とお伺いすると「私たちは林道に倒木等が無いかチェックに来ているので聖山には登りませんよ」とのお言葉に一瞬頭の中が真っ白に。「ヒノキ林まで戻って直登すれば50mで尾根に着くのでそこから尾根沿いに上がればいいですよ」とショートカットを教えていただきお礼を言って林道を引き返します。念のため遭難したときのために「入り口に軽トラを置いてきました」とお伝えして別れました。
DVC130220 (12)
11:03お言葉通りに50mほど登ると尾根筋に登れました。

[広告] VPS

11:29ガラケーカメラホルダーをチェストストラップに付けて撮影。ヒップソリ中ならまだしも登りでは足元や前や上や色々な景色を映したほうが面白かったですね。

このころから左足の外側のくるぶしが痛くなってきました。トレクスタの時と同じ痛さなのでティッシュをかかと下に敷いてくるぶしの位置をやや上に持ち上げましたがだめでした。「ワオナブーツ」が「わ~お!なブーツ」になってしまいました。ブーツの状態がいつもと違っているところは「かんじき」を履いていること。かんじきのかかと固定用のストラップがくるぶし付近を通っていることが原因だと推測するのですが、対策が思い浮かびません。くるぶしの骨を削るわけにはいかないし。

DVC130220 (13)
11:48木に積もった雪が美しい。かなり登るのでいいかげん疲れてきています。が一歩ずつ進めば必ず着くと思いかんじきを踏みしめます。脳内BGMはTVドラマ「DINNER」のサカナクション「ミュージック」で♪ま~だ見えない、ま~だ見えないから♪が替え歌になって♪ま~だ着かない、ま~だ着かない♪と、えんえんとリフレインしています。
DVC130220 (14)
11:50風が強いので枝に積もった雪も紋様になっています。
DVC130220 (15)
11:53途中にあるはずの「高岳分かれ」がわからないうちに聖山山頂に到着です。眺望はありません。

[広告] VPS

11:54聖山山頂の大パノラマです。

DVC130220 (16)
11:58山頂から少し南に降りたところ。少し眺望があり。ここでお昼にします。
DVC130220 (17)
12:09コッヘルは邪魔になるので無し、麺類もお汁を捨てられないので無し、代わりに全部飲めるお味噌汁にしました。天野フーズの「しらす雑炊」は食べきれないので作りませんでした。お湯をWかすのはステンコップでも充分役にたちます。欲をいえばコンロに乗らないので少し直径が大きいといいです。容量も250CCしかないので・・・。
DVC130220 (18)
12:16一瞬空がきれいにお日様がさしこみました。粉雪が時折舞うお天気です。祇園ではポカポカ陽気だったそうです。
DVC130220 (19)
12:23食後のコーヒーは、姫路のおふくろが、趣味の通販で大量に買うブルックスにしました。が、よく考えるとティーバッグ方式ではなくて、上から注がないといけません。コップが一つしか無いのでそれは無理。まあ上の口を開いて一瞬沈めれば注ぐのと同じだろうとやってみたけど、失敗、粉が出てきてお湯に混ざってしまいました。しかもティーバッグ方式では、いくらゆすってみても味が出ません。残念な味のコーヒータイムになってしまいました。しかも変な金属味?画像は雪を溶かそうと入れたのに下まで届いてなく「空焚き中」。ステンが焼けてそれで変な味が倍増したのかも?

いざ下山。ヒップソリが楽しみです。
[広告] VPS

12:58だめです。新雪が積もり過ぎていてヒップソリが沈んでしまい結構傾斜があっても埋まってしまって滑りません。

[広告] VPS

12:59だめです。滑りません。

DVC130220 (20)
13:02下山中に時々周りの山々が見えます。深入山かと思いましたが臥龍山のようです。
DVC130220 (21)
13:05

[広告] VPS

13:06だめだ。滑りません。

DVC130220 (22)
13:12
DVC130220 (23)
13:16ヒノキ林を上ってきた分岐に出ました。ここは尾根筋に直進です。

[広告] VPS

13:20「十文字峠」に下りてきました。きょうのヒップソリは10mほどだけでした。

DVC130220 (24)
13:47左足の左くるぶしが痛いながらも無事にダムまで下りてきました。
DVC130220 (25)
13:53森林警備隊の車です15時から16時ごろの下山とおっしゃっていました。
DVC130220 (26)
13:55帰りには5分ほどなので「三ツ滝」に寄ろうと思っていましたが、いきなりの階段をダムの下まで降りないといけないので足の痛さから断念しました。この看板に来るまでにスクーターを押していて一瞬足が痙攣したので、おそらく降りていたら途中で足の筋肉がつっていたと思います。
DVC130220 (27)
13:59登山途中は粉雪が舞ったり曇ったりしていましたが下山するとこのとおり最高の雪日和です。

[広告] VPS

14:07聖湖湖畔の林道を戻ります。日がさしている所は溶けていますので走りやすいのですが日陰は相変わらず根雪の上に積雪で、おまけに車のわだち跡があって走りにくいです。軽トラまで最後の200mほどは少し急登になっているのでバイクを押して上げなければいけなくて、疲れた体には非常にきつかったです。

DVC130220 (28)
14:10191号線入り口付近の湖はがちがちに凍っています。
DVC130220 (29)
15:02なんぼなんでもあのヒップソリは無いじゃろ、ということで深入山に到着して二滑りして帰りました。


[広告] VPS

14:46最初はオートキャンプ場前の多目的広場の斜面で。ここも圧雪されていないので滑りづらいです。

[広告] VPS

14:57次に去年も滑ったことのある、昔の「いこいの森スキー場」跡地を滑りました。まだまだ滑り足りないですね。


服装装備:いつもの服装。インナー「モンベル」ジオライン中厚手フリース ミドル「モンベル」クリマプラス200 ジャケット。アウター「モンベル」ストームクルーザージャケット。「gu 」裏フリースイージーパンツは撥水が効かないので、きょうは試しにザ・ビッグで397円で買った撥水オーバーパンツ「GLOURIUS TIME関西ファッション連合JH-718」これはええ仕事をしました。ヒップソリをしてひっくり返っても全然水が滲みてきません。予備にもう1本買っておこうか。「西ジョイ アタックベース社 発熱パンツ」KEEP WARM起毛タイツ。「モンベル」メリノウール厚手ソックス。「パーリーゲイツ」イアーカバー。ヒップソリ用「ラフ&ロード防水・透湿オーバーパンツ」は使わず。(撥水パンツの性能がよかったのでお役ごめんかも) 「ヴァーテックスのスーパーカンジキ」「ISUKA」のスパッツとオーバーミトン。ハイドレーションが漏れて肘から伝ってミトンの中まで入ってきて濡れてしまったのでミトンの中にほっかいろ。インナー手袋は15年前に冬の林道ツーリング用に買ったGWのもの。

脳内BGM:サカナクション「ミュージック」♪ま~だ着かない、ま~だ着かない♪

本日の空き缶:雪のため分からず。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ずいぶん雪深い所まで行くんですね、もう立派な登山家ですな。
武田山から鈴峯まで縦走するのも時間の問題かと(笑)

No title

冬の間は、登山は「おまけ」で「ヒップソリ・尻スキー」を滑りに行くみたいなもんどす。巧者はスキーやボードを背負って上がったり、テレマークスキーを楽しむみたいどすが、あっしにはそんな技術も体力もありませぬ。今回ヒップソリが不発に終わったので新雪対策として、背負えるほどの小ぶりな「そり」を探しておりまする。北海道にも居られた るーさーさんもご存知のように、今は本当に「雪遊びが楽しくて楽しくて」。つい2年前は「Gが楽しくて楽しくて」だったんどすが、どこでどうなっちまったんどすかの?
プロフィール

フジホン

Author:フジホン
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
水曜定休
「バイクで毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる