烏帽子山の烏帽子岩 大岩遊び おおの自然観察の森 林道矢草線 バイクと車で バッテリーあがり軽トラの一人押しがけ

時6℃晴9時7℃弱雨12時11℃曇り廿日市市経小屋山yahoo天気予報、安佐南区は13日の予報では
6時9℃弱雨9時9℃曇り12時11℃曇りでした。実際は
3時から降り始め時折強く降り6時はまだ雨で7時頃からやみ始めでした。
雨にばかり注意していて気温には全く無頓着だったのですが、おおの自然観察の森公園に着いてみると下半身が寒い寒い。タイツが欲しいぐらいでした。実際に山歩きをしだすと耳が冷たくて「イアーマフ耳あて」が欲しくなったぐらいです。辛抱たまらずに帽子を脱いでスポータタオルで耳かぶりをして山頂へと向かいました。

DVC121114 (1)
8:35前回と同じ駐車場に停めます。小雨がまだ続いていますので車内で着替えや準備をします。

DVC121114 (2)
9:07なだらかな快適山道を奥へと歩いて行きます。

DVC121114 (3)
9:10「ここから佐伯区」の標識です。ここまでは廿日市市でした。

DVC121114 (4)
9:12苔むした木の橋もビブラムソールならへっちゃら、と渡った瞬間、ズルっと左から2本目と3本目の間に右足が落ちてしまいました。あ~、ひやっとした。過信は禁物です。ビブラムでも滑るものは滑る、これあたりまえ。あたりまえのことでも初めてなので経験してみないとわからないものです。

DVC121114 (5)
9:21四叉路の鞍部に到着です。大木が横たわっています。大木を右からまたぐのですが、気をつけて!またいで着地するところの20cm先が穴ぼこになっているのでコンパスの長い人はずっぽしとその穴にはまって大怪我をしそうです。深さは30cmはありそうなので下手すると骨折も。

DVC121114 (6)
9:35段々と上りが急になっていきます。大岩にはさまれた「大でぶがえし」(勝手に命名)に到着。
鎌倉寺山のデブ返し(11枚目画像くぐり石という名称のようです)よりも巾があるので普通のおでぶさんなら楽勝で通れそうです。

DVC121114 (7)
9:42どんどん急登になって行きます。かかとに相当体重がかかります。靴は痛くなく大丈夫。ただ、かかとの受けがトレクスタと同じように2次元なので残念ながら、かかと上下のホールド感はよくありません。3次元のかかとの靴が存在するのかどうかはわかりませんが。
山頂に到着です。眺望はあまりありません。

[広告] VPS


DVC121114 (8)
9:47山頂から急登を下って行くと五分ほどで烏帽子岩に到着です。立派な大岩です。今から「岩遊び」

DVC121114 (9)
9:48烏帽子岩には登れないので右奥の小岩たちに登ります。小岩でしばらく休憩、セブンのすしを食べたり家のお茶、玄米茶を飲んだり、周りの風景を楽しんだり、空をぼ~っと眺めたり存分に楽しみました。北東(たぶん)の方角には「のうが高原」の廃墟が見えました。85~86年ごろには「カブクロス」が盛んで、ここでレースがありました。「FACTORY RACING TEAM」の創世記にあたります。風景をみながら、しばらく当時の感慨にひたります。
きょうは、それにしても寒いのでアウターも着込んでのトップスは3枚体制です。耳が冷たい。

[広告] VPS


DVC121114 (10)
10:00ぼ~っと眺める「とんがり帽子」雲の動きも低くて速いです。

[広告] VPS


DVC121114 (11)
10:01のうが高原跡の廃墟だと思います。

DVC121114 (12)
10:07山頂の立て札まで戻ってきました。船倉山まで40分ですが、きょうはじいさんの一時退院なので早く帰らないといけませんので、また今度。でも眺望のいい大岩があるように記憶していましたのでちょっと行ってみましょう。

DVC121114 (13)
10:12 5分ほど下っていきましたが「景色のいい大岩」にはたどりつけませんでした。これ以上下ると帰りがしんどいのであきらめて引き返します。残念ですが「後ろ髪ひかれ隊」でした。

DVC121114 (14)
10:29山頂を再度経由して四つ辻の鞍部に帰ってきました。ピストンは嫌いなのですがきょうはしかたがないということで。
下りで靴のつまさきに窮屈感がありました。痛いというほどでもありませんがトレクスタの時には経験しなかった窮屈感でした。後に残らない鈍痛感、もちろん爪の変形や指の変色はありません。

DVC121114 (15)
10:58管理棟のおじさんにあいさつをして駐車場まで戻ります。おじさんから「お客さんは軽トラで来とってんかの?ライトが点いとったよ。エンジンかかるかのう?」と、ありがたきお言葉。「なんとかできると思います」と言って戻る足も、やや早足に。焦っても一緒なんですけどね、2時間ばかりたっているし。
駐車場に着いてみればヘッドライトが明々と。案の定セルを回しても「クイ、クイ、クイ」軽トラなら軽いしとりあえず下り道まで20mほど押して、一人押しがけで2秒でブルンとエンジンは無事かかりました。帰ってから嫁さんに「バッテリーあげてさあ」と話すと「登山だから、あとは下りばっかりでしょう、だったらええじゃん」と解ってらっしゃる。


脳内BGM:初っ端から快適な山道が続いているので軽快な歌が、でも寒さからか、「白銀は招くよ」♪雪の山は友達 招くよ若い夢を ホーヤッホ ホーヤッホ♪ドイツ語詞では♪Heut liegt was Heut liegt was♪と歌っているらしい。
大デブ返しの岩を越えて次の岩でビブラムソールが思いもかけずに滑ってしまったので♪どうしてお腹がへるのかなぁ?ぶ~ぶくぶくぶくぶくぶくぶ~、けんかをするからへるのかな~?ぶ~ぶくぶくぶくぶくぶくぶ~♪の替え歌で♪ビブラムソールはへっちゃらさ~、ぶ~ぶくぶくぶくぶくぶくぶ~♪ダウンタウンの浜ちゃんたちが他人の食事をつまみぐいしながら歌っていたのですが何の番組だったか?
下りで十字路の手前付近でぶ~ぶくぶくぶくから、さざえさんの挿入歌に♪たったららったらったったぁたったららったらったったぁ♪

空き缶:ゼロ。あめちゃんの袋もゼロ。すごいすごいパチパチパチパチパチパチパチパチ!

装備:ハイドレーション用に半氷(最近は寒いので1/5氷)の500ccペットを2本持っていっていますが必ず1本は余っています。
きょうは本当に寒かった。ボトムスがジャージだけでは、まあ、がまんはできるけれどもタイツが欲しかった。イアーマフは絶対に欲しかった耳がちぎれそうなぐらい。軍手は雨上がりの寒い日にはNGでした。水分を含んで冷たさ倍増で手の感覚がなくなるぐらいです。防水仕様か手のひらがゴム引きのものでないとヤバしです。トップスは3枚あればOKでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フジホン

Author:フジホン
12日(土)から18日(金)までお盆休みです。よろしくお願いします。
営業時間平日9時~夜7時
日祝10時~夜6時      水曜定休
「バイクで毎日が楽しくて楽しくて」
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる