FC2ブログ

鎌倉寺山 ロッククライミング ラーメンたんぽぽの関川荘前からキャンプ場 山ガール バイクと車で

6時14℃ 9時22℃ 12時26℃ くもり
ロッククライミング発祥の地「鎌倉寺山」へ
「日本一のラーメン」と看板に書いてある「たんぽぽ」の関川荘前から登り、北西のキャンプ場へ抜ける予定です。
[広告] VPS
DVC120606 (1)
6:38高陽町から深川へ抜けるメイン道路は前々回の渋滞で懲りたので「深川分かれ」から旧道?側道を利用します。この時間は普通に行っても大丈夫でした。
DVC120606 (2)
7:05志和口から志和方面へと向かい東山ハイツの団地からまだ奥へとすすんで行くと舗装路が終わり土道の林道へと変わります。ふと右手を見ると
DVC120606 (3)
7:07黄色い「登山口」の看板が見えました。ここが取り付きのようなので、ここにスクーターを下ろします。
DVC120606 (4)
7:14日本一うまいラーメン「たんぽぽ」の手前を左折し数百メートルで取り付きに到着です。
DVC120606 (5)
7:14左手の「保安林」の看板から登ります。右手にぶら下がっている白い紙は「どこそこにスズメバチ注意」の2011年付けの案内チラシです。この回りには駐車スペースが無いのでもう少し上がると駐車場があります。
DVC120606 (6)
7:27こちらが無料駐車場で10台近くは停められそうそうです。ここに来るまでにも右手に2箇所ほど1台スペースと2台スペースの候補地がありましたが、奥の集落の方々の通行にご迷惑なので無料駐車場まで上がるが吉でしょう。取り付きまで1分もかかりませんし。
DVC120606 (7)
7:31取り付きの反対側はもう営業を終了された関川荘の跡地です。
DVC120606 (8)
7:46急登をガンガンに登ってようやく下の「ラーメンたんぽぽ」や大山川の見えるところに到着
DVC120606 (9)
7:53真正面に「←馬の背」の看板がありましたのでそちら方向へ。
DVC120606 (10)
8:04最初のうちは嬉しくて岩山をガンガン登っていましたが直登の岩が現れルート案内が無くてはっきりしないので、安全そうな道を選んで登っているといつのまにやら馬の背を追い越していました。
ここが主目的地ともいえるので出口?からでも背中越えをしてみたいと思い早速背中へとまたがってみました。
[広告] VPS

またがって少しずつ少しずつにじりよるも右に落ちると何十メ-トルと落下して死んでしまいます。左に落ちても大怪我は必死です。ここが単独行の辛いところで無理無茶ができません。それ以前に体が恐怖で前へ進んでくれなかった。
[広告] VPS

8:07馬の背の360度の大パノラマ

[広告] VPS

8:08馬の背を超えて南へ振り返ってみてのアップ



DVC120606 (11)
8:14通り抜けできなかったら「おでぶさん」の称号がもらえる二つの岩「くぐり石」です。

[広告] VPS

8:14「太り気味判定岩」「くぐり石」

[広告] VPS

8:22南峰手前の岩峰をがんがん登る

[広告] VPS

8:23南峰手前の岩峰への岩登り

[広告] VPS

8:26南峰頂上360度の大パノラマ



DVC120606 (12)
8:28南峰頂上には白い募金箱があります。安全祈願の御礼に募金をさせていただきました。

[広告] VPS

8:31南峰頂上の募金箱から下りていく


DVC120606ZZZ (1)
8:34南峰山頂の石柱をパチリ
DVC120606ZZZ (2)
8:34すぐ向こうに本物の南峰山頂の石柱がありました。
DVC120606ZZZ (3)
9:08またまたガンガン登って行くと岩のピークが見えてきました。十畳岩のようです。
DVC120606ZZZ (4)
9:10十畳岩から先ほど登ってきた南峰です。
DVC120606ZZZ (5)
9:11十畳岩から今から登る槍ガ峰です。

[広告] VPS

9:09十畳岩頂上360度の大パノラマ


DVC120606ZZZ (6)
9:14十畳岩からの下りには虎ロープで下ります。

[広告] VPS

9:14十畳岩から虎ロープでの下山


DVC120606ZZZ (7)
9:30槍ガ峰に到着しました。
DVC120606ZZZ (8)
9:30黄色い537mテープで山頂がわかりました。これが無ければ通り過ぎていたところです。
DVC120606ZZZ (9)
9:36岩場の多い山です。
DVC120606ZZZ (10)
10:00十文字峠の四つ辻にきました。左がキャンプ場、右が牛岩地区、直進が山頂です。
DVC120606ZZZ (11)
10:08すぐに鎌倉寺山山頂到着です。
DVC120606 (13)
10:08山頂三角点です。山頂は眺望もよくないのですぐに鎌倉寺跡へと南東の方角へと向かいます。

[広告] VPS

10:08鎌倉寺山山頂の360度の大パノラマ


DVC120606 (14)
10:12鎌倉寺跡すべての石仏にお参りさせていただいて。山道途中には無かったのですがここに空き缶たちがおりました。
DVC120606 (15)
10:26しばらくしてから鎌倉寺跡を発ちます。元来た道を帰らなくても北西の方角にいけば最初の山道に戻れます。
DVC120606 (16)
10:27再び十文字峠へ戻ってきました。と、ここで「チリンチリリン、チリンチリン」と風鈴の音が聞こえてきました。「はて?行きしには聞こえてなかった風鈴の音だけどどこにぶら下げてあるんだろう?」とあたりを見回しても風鈴はありません。不思議不思議どこから聞こえるのかときょろきょろしているとキャンプ場ルートからいきなり風鈴の音とともに人が上がってきました。思わず「あ~びっくりした」と叫んでしまいましたが、その相手の方は女性の方で生涯2人目の山ガールの方との遭遇です。この方の「熊よけ鈴」が風鈴の音だったのでした。その方もびっくりされたようでしきりにこの場を離れたがられてるようでした。(怪しい者じゃないですよ)と心の中で思いつつも、相手の立場からすれば怖いには違いないので、とりあえず「キャンプ場まで1時間ぐらいですか?」と聞いてみました。するとリュックから手帳を取り出されて時間計算をされて「50分ぐらいです」と教えていただきました。手帳へ記録するという几帳面さに驚いたのと山装備の完璧さに、これが本当の山ガールなんだろうなと感心しました。「お気をつけて」とのお言葉をいただいて、そそくさと山頂に向かわれました。まあ「山が好きな人に悪い人はいない」といいますがねええええええええ。
DVC120606 (17)
10:34キャンプ場ルートは羊歯類のしげる普通の山道です。快適に下って行きます。
DVC120606 (18)
10:39色々な標識があります。
DVC120606 (19)
10:49もう3合目まで下りてきました。ここで小休止していたら山道から少し外れたところに空き缶とオロCタイプの空き瓶がごろごろでセブンの袋が満杯になってしまいました。なんでこんなところにと思うような場所でした。
DVC120606 (20)
11:11取り付きまで下山しましたが、朝の黄色い看板とはどうも違います。バイクも無いですし舗装路も無いです。(さっきの山ガールの方に「キャンプ場から登って来られたのなら軽トラが置いてあったでしょ?」と何度も訪ねてしまいましたが完全に私の勘違いでした、こちらにはスクーターしか置いていませんでした。不信感を増幅させるばかりの怪しい言動でした。不安にさせてごめんなさい)「クワバタオハラ」の「くわばたりえ」を可愛くしたような方でした。
DVC120606 (21)
11:13舗装路まで土道の林道を歩いて行きます。と途中に「ボーイスカウト野営場」がありました。
DVC120606 (22)
11:14朝停めた林道の境目まで戻りました。ここから登っても同じルートになることがわかりました。
DVC120606 (23)
11:20取り付きまで戻りました。
DVC120606 (24)
11:32ついでに駐車地を通り越して牛岩地区の一番奥まで行ってみましたら、施錠されていて「カギは集落の誰かが持っています」と看板が表示してありました。


服装装備 いつもの装備いつもの服装

ハイドレーション900cc 前日1/3冷凍しました。6時間後の12時でも冷たい水が飲める
くもの巣よけワイヤー 顔を守ってくれて大活躍
天然芝背中パッド 背中がべちょつかず大活躍
ビデオ撮影用、携帯カメラ固定冶具 岩場でも大活躍だがシャッターを押すのが内側のため手間取り画像に指が写ってしまう。構造上のものなので残念ながら改造不可。

取り付きののっけからず~っと「真夜中のギター」岩場の急登でペースが遅いのでこういうスローテンポな曲でも我慢できたのかな?
岩場で休憩中に嫁さんからのメールを見て「古井戸 千鳥足♪ひとりの~祭~りに~は~♪ぼくの~ 帰る~ところは~、いったい~どこ~なの~と~♪」う~ん悲しい曲だわ。
下りルート「メモらず失念」

本日の空き缶:山頂までは「あめちゃんの袋」「チョコの銀紙」ぐらいでゴミなくきれいで嬉しかった。鎌倉時跡でレモンスカッシュ空き缶 下山ルート3合目看板付近でいやっちゅうほどオロCタイプのビンとジュースビール缶で袋いっぱいに。その後2合目付近でペット500ccがご丁寧に置いてあった。ゴミ袋提供大町のセブン
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フジホン

Author:フジホン
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
長らく水曜定休でしたが2020年から「5」と「10」の付く「ごとうび」が定休日となります。
「バイクでわくわく毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる