FC2ブログ

備前坊山 南原峡中倉峠から大林の浜ヶ谷へ バイクと車で

備前坊山 南原峡中倉峠から大林の浜ヶ谷へ
NEC120222 (7)
NEC120222 (1)
7:25可部大林の浜ヶ谷のバス亭から上って行きます。どんどん林道を上って行きます。途中「西光寺跡、左」の看板があります。そこを左に曲がり上がって行くと途中でタイヤが空転して上がれなくなりました。ここの4差路が「三社合祀神社」の4差路だと思っています。右に曲がると神社があると思っています。ここにスクーターを置いていきます。左はここから雪が積もっています。
NEC120222 (2)
7:26振り返ってみたところです。ここの交差を左に行くと「三社合祀神社」があると思っています。
NEC120222 (3)aa
7:54上り口の南原峡のダムです。でっかいですね。
NEC120222 (4)
8:15林道終点まで到着しました。舗装が途切れて地道になります。みなさん、この舗装路の終点の左側の空き地に車を駐車されますが、まだ奥の地道に入って行けば、いくらでも幅広の路肩がありますので駐車可能です。本日の気温は3℃ぐらい?それ以上あるように感じましたので林道を歩きだして5分もたたないうちにアウターを脱ぎミドルのフリースも秘技「前後 逆羽織」で汗を少な目に歩いていきました。林道を歩くのは楽っちゃあ楽なのですがおもしろみに欠けるしわくわくしないのは、もう「山のぼり病」にかかってしまったのでしょうか?
NEC120222 (5)
8:48中倉峠まで無事到着しました。
NEC120222 (6)
8:51峠の休憩所の中でお茶を飲んでいて「ごっくん」とやったら目に飛び込んできました。どでかい蜂の巣です。備前坊山への取り付きはこの正面からです。
NEC120222 (7)
8:53取り付き口は狭くて急なので、こちらの保守用の道、ガードレールの右側を通っても同じところに出ます。
NEC120222 (8)
8:55しばらくは快適な雪道です。
NEC120222 (9)
9:01ところどころに倒木が行く手をふさいでいます。
NEC120222 (10)
9:08尾根すじの鹿よけ網のところです。左側斜面が伐採地です。笹がすごい(でも、ここは序の口でした)
NEC120222 (11)
9:08ネット沿いを行こうと思いましたがこのひどさなので、やや右に下がって斜面沿いに歩いていきますがすぐにネットに戻らなければいけなくなりました。
NEC120222 (12)
9:14笹を抜けると右に曲がり(南南西)山頂へと目指します。快適林道です。快適になった途端、脳内BGMは「松山千春 季節の中で」になりました。
NEC120222 (13)
9:16到着しました。展望はありません。
NEC120222 (14)
9:16「安佐北里山マスターズ」のプレートです。展望は無くても雪道を楽しく歩けただけでも嬉しいです。
NEC120222 (15)
9:20さきほどの伐採地の鹿よけネットまで戻ってきました。尾根すじの吹きさらしのためか20cm以上積もっています。
NEC120222 (16)
9:21「西光寺跡」を目指して伐採地ネットのところを右に曲がります。東にすすんでいきます。ピンクテープが続いているので、やや安心しました。ここの藪が深くてその上に積雪しているので歩くたびにひざ上までずぼずぼ埋まってしまいます。スパッツを付けていないので靴の中の甲の部分に雪が入ってきてしまいました。それでも足先や靴の中は快適です。
NEC120222 (17)
9:27未踏の地だと思っていたのに「ピンクテープ」があってすごく安心です。
NEC120222 (18)
9:362か所ほど平地があったので「西光寺跡」はこの付近だろうと思って石柱を探しますが、よう見つけませんでした。
NEC120222 (19)
9:40「7」の表示が何を示すのかがわからないまま、本能でここを右に下りようとしました。コンパスで確認するとここを左に下りて行くと「東」に向かいます。しばらく考えたすえ(ちょっと頼りない)コンパスを信じて東に向けて下りていきます。とは言っても心の中は不安の塊です。なので(きっと帰るぞ)という決意からか脳内BGMは♪あしたはきっと~帰~るん~だ~あ~あ~ああ~♪「いとうたかお あしたはきっと」になりました。歌手の名前はきょう知りました。曲しか覚えてなかったです。
NEC120222 (20)
9:46鞍部から、また登って行きます。どこかで急ターンをしないといけないはずですがピンクテープを信じてそのまま登ります。
NEC120222 (21)
9:57ターン箇所がわからないままピンクテープの通りに直進します。
NEC120222 (22)
9:57左手下方に集落が見えます。上畑の集落だと思うのですが。
NEC120222 (23)
9:59おやおや、三角点がありました。?????道程に不安があります。しかも「西光寺跡」は見つけられなかったですし。途中、お○っこをしようと下を見ると納豆か黒豆のような「鹿のふん」がありました。ここから脳内BGMは「吉永小百合 奈良の春日野」に。♪ふんふんふ~ん、黒豆よ♪
NEC120222 (24)
10:22ピンクを信じて下って行くと突然アンテナと鉄塔に遭遇しました。私的には朝のスクーターを停めた林道に到着と思っていたのでアンテナと鉄塔があるはずのない所です。????
NEC120222 (25)
10:25しかも林道を横切ってまだ下におりるようにテープは案内しています。????
NEC120222 (26)
10:25林道に下り立って左を見るとアンテナの下の林道(行き止まり?の方向)に保守用の軽トラが止まっています。
NEC120222 (34)
この地図を見ると「鉄塔で行き止まり」と鉛筆書きしており、送電線鉄塔以外に建造物らしきものあったように見えましたので、ここはここだと断定しました。根拠は無いのですが、ここからはこの林道を「西」に向けて歩いて行きます。途中何度も何度も地図を見直しますが釈然としません。大林の「スポーツランドタマダ」から4輪が走る音が聞こえてきますが、それでも革新が持てません。不安のかたまりのまま林道を(とぼとぼ)と歩いていて、昔、京都でバイクのトライアルの練習を保津峡の山奥でしていたころの話を思いだしました。練習後、暗くなりつつある山奥の林道をトライアル車TY175を昔のオープンのVAMOSに積んで地道をゆっくりゆっくりと帰っていると、初老の山登りの格好をしたおじいさんに呼び止められ「この道で帰れますか」と聞いてこられ「乗していってもらえませんか」と頼まれましたので下まで乗せて行ってあげたことを思い出しました。あのおじいさん、今から思うと今の私と一緒で、ものすごく不安だっただろうなと思いました。そう思っていても仕方がありませんので、万が一間違っていても元の道を戻ればすむ。時間もある。セブンのすしもある。と自分自身を鼓舞しながら(やはり、とぼとぼと)林道を西へ歩いて行きました。
NEC120222 (27)
10:53結構歩きましたがロケーションを地図でさがしても これだ!っちゅう確信のもてる地点がありません。右手に陸に上がった水車があります。地図には谷に水路は見当たりません。
NEC120222t2.jpg
実際に下りたルートは赤い鉛筆の先っちょのルートで「鉄塔で行き止まり」の所に降り立ちました。緑鉛筆の先っちょのの地点が水車の地点でした。不安な気持ちの中で林道を歩いていると地図のロケーション的には黒鉛筆の先っちょのルートっぽくも見えて「もしも間違っていたらどうしよう」と不安のかたまりでした(今、地図をよくよく見れば、そちらの黒鉛筆の先っちょのルートの林道だったら送電線が間近を通っているようになっています。その時の送電線は下の方を通っていたので黒鉛筆の先っちょのルートでは無かったとわかるのですが不安な気持ちの時はあらゆるものあらゆることがマイナスのイメージにつながってしまい、ひょっとするとこれは黒いルートでは?この谷のロケーションもここに似ているし「スポ-ツランドタマダ」からの車の音も南からではなく南南東から聞こえるような気もするし、う~ん、やばいな間違っていたらどうしよう」とマイナス思考にどっぷりと浸かりながらも仕方なく林道をそのまま歩いてゆきます。すると・・・・
NEC120222 (28)
10:55三叉路に到着、この右手から歩いてきました。そのまま真っ直ぐに行こうとしましたが、ふと振り返ると大きな「火の用心」の看板の左手に小さな「西光寺跡←」の看板がありました。「ん?見たことがあるなあ」それとタイヤのわだちの跡を見ると今朝登って下った新しいわだち跡があります。一度スタックしてえぐれたところも見覚えがあります。この道は上に登るが正解でした。下に下らずに良かったです。ふと、この3差路右手を見ると文字色の薄くなった看板がありました。朝は文字の読めない看板があると認識はしていましたが・・・・・。
NEC120222 (29)
10:55ここが「三社合祀神社」だったのですね。とりあえずお参りをさせていただいて。次の分岐まで上って行きましょう。下りのルートを間違えなければこの登りは省略できたのですが、まあ元気に帰れたのでよしとしましょう。
NEC120222 (30)
11:07最初にバイクを停めた分岐がもうすぐです。ふ~、到着。下りのオフロードはぬかるんでいて良く滑ります。これも楽しみのひとつですね。
NEC120222t3.jpg
結局、朝スクーターを停めた4差路分岐は「三社合祀神社」よりも上のこの位置でした。
NEC120222 (31)
11:38南原峡に到着でダムの上から貯水をパチリ
NEC120222 (32)
11:41朝も来た分岐で、右に行くと中倉峠 備前防谷方面です。左は堂床山方面です。
NEC120222 (33)
11:58ここが、みなさんがよく停められる駐車スペースです、がこの奥に行くといくらでもスペースがあります。車の底を打たないようにゆっくりと走ってください。


本日の空き缶 上りの林道で1個

脳内BGMは「アラベスク ペパーミントジャック」と「松山千春 季節の中で」「いとうたかお あしたはきっと」「吉永小百合 奈良の春日野」

南原の気温は3℃でした。
「モンベル」インナー ジオライン中厚手 フリース クリマプラス 「モンベル」 アウター ストームクルーザー ジャケット
「gu 」裏フリースイージーパンツ 「西ジョイ アタックベース社 発熱パンツ」KEEP WARM起毛タイツ 「コーナンPRO-ACT」防水防寒手袋シンサレートと透湿DINTEX  「モンベル」メリノウール厚手ソックス

ニューウェポン
NEC120215almifue.jpg
前夜何故か突然嫁さんがくれた「笛」と「アルミシート」
「笛」は前々日「100均」で「方位磁石」と一緒に買う寸前だったけど何故か両方とも踏みとどまった。予知能力があるの?
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フジホン

Author:フジホン
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
長らく水曜定休でしたが2020年から「5」と「10」の付く「ごとうび」が定休日となります。
「バイクでわくわく毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる