FC2ブログ

野登呂山 弘億団地取り付きが変わっていた サムエル幼稚園取り付きIGLゆうゆうに バイクと車で登山

NEC111119 (1)
「山歩きと山野草のページ」さんの道案内文を参考にさせていただいて、
ラリーの時に使う「コマ地図」を作って行きました。

最低気温7℃ ミドル厚フリース。アウター「パーリーゲイツ」ペラペラジャンパー休憩時に使用。
インナー「西ジョイ アタックベース社 裏起毛吸汗速乾発熱シャツ」がべちゃべちゃになり休憩時に汗冷えを感じる。
脚「gu裏フリース」。脚インナー「西ジョイ 裏起毛吸汗速乾発熱パンツ」KEEP WARM起毛タイツ いずれも良好。
NEC111116 (53)
6:54「IGLグループ」(サムエル幼稚園とみなさんはかかれています。今はありません)
の一番奥の駐車場脇に駐車スペースがあります。この奥への山道へ入ってすぐ左手が取り付きです。
こちらからのアプローチはラスカル・Jさんのブログを参考にさせていただきました。
本日は非常に寒かったのでここにバイクを停めて、戻って広億に車を停める予定でしたが・・・・・・・・・
NEC111116 (52)
7:06弘億団地の取り付きは3台ほど停められる空き地のはずが分譲地を造成中でしたのでビックリ。
従来の取り付きへの道路に4輪は何台か駐車できそうですが工事の妨げになってはいけないと思い遠慮して
寒い中バイクでここまで戻ってきました。
NEC111116 (51)
7:11石垣に沿って左へ登ろうとしましたが「ん?石?」コマ地図には
石組を右へと確かありました。ポケットから出して確認するとその通り。危ない危ない
NEC111116 (50)
7:12黄色い「保安林看板」のところの二股は右へ
NEC111116 (48)
7:17シダの繁る山道です。コマ地図日よると真ん中に松の木があって右は尾根道左は谷道で
左の谷道をおすすめされていましたが、紅いテープが右手の道にあり踏み跡もしっかりしていましたので
尾根道を選びました。
NEC111116 (1)
7:18やはり尾根道のほうが明るくていいですわ。
NEC111116 (2)
7:20山を登りだして振り返って見ると、ほとんど東側、南側からの表側(私が勝手に表と思っているのですが)
の取り付きがスタートです。何とはなしにですが何か理由があると思っていましたら今今わかりました。
明るいんです。いつも登っているときはお日様が一緒です。朝日が木漏れ日からさしこんで暗い山道を照らしてくれています。
裏側から登ると朝日をおがめるのは頂上に着いてからだけで道中は太陽を見ることができません。
NEC111116 (3)
7:28倒木があったりして道はだんだん険しくなっていきます。
NEC111116 (4)
7:33ここいらでは斜度40度以上ありそうに感じます。きょうは相当アキレス腱がのびていい運動になります。
NEC111116 (5)
7:34一度鞍部に下りて登って行くと
NEC111116 (6)
7:38尾根道が見えてきました。
NEC111116 (7)
7:40道標に沿って険しくなっていく道を登っていきます。
NEC111116 (8)
7:43あの光は頂上近しか?
NEC111116 (9)
7:43違った。尾根の合流地点でした。
NEC111116 (10)
7:44ここで真っ直ぐグリーンハイツの方へ行きそうになります。真っ直ぐに行くと「山歩きと山野草のページ」さんのように頂上から離れていってしまします。よくよく見ると左手に下り道が
NEC111116 (11)
7:46こちら、左手の下り道へ下っていきます。
NEC111116 (12)
7:47安佐町有林の道標と一緒に急登を登っていきます。
NEC111116 (13)
7:52
NEC111116 (14)
7:56明るくなってきました。頂上は近い。
NEC111116 (15)
7:57尾根道が左右に延びていて左が頂上への登りです。
NEC111116 (16)
7:57右はどこへ行くのでしょう?下って行くようです(この時点では関係のない道だと思っていました)
NEC111116 (17)
7:58山頂の三角点に到着
NEC111116 (18)
7:58木彫りの「のとろ」の文字。きょうはこれを見にきたようなものです。
NEC111116 (19)
7:58山頂の休憩地。倒木がベンチになっています。
NEC111123 (41)
しばしここでいつもの「セブンのすし」を食べながら休憩します。吸汗速乾下着を着ていますが
リュックと背中の間の汗がはんぱじゃないので乾く間が無くべちょべちょなので汗冷えをします。
ミドルレイヤーとして間に着るフリースと防風アウターを着ても背中がひんやりとしています。
今度はアンダーアーマーの「メタルコールドギヤ」を試してみましょう。
NEC111116 (20)
7:59北向きの背面にはあさひが丘方面が透けて見えます。
その下には垂直に生えている木の枝にスーパードライの500cc缶がさしてあるので何かのおまじないかと思いましたが・・・・。
NEC111116 (21)
8:07サムエル幼稚園へと向かう帰路は奥の林道へと下っていきます。が、何か「虫の知らせ」があり頂上へ引き返します。
NEC111116 (22)
8:08山頂休憩地で中央19thゴルフ練習場と中央ゴルフ場を眺めながら、もう一度地図で確認します。
と、目の前に割れかけたビン捨ててあります。まずこれを回収。濡れていてリュックまで濡れるのはいやなんですが、しようがない。
「虫の知らせ」は先ほどの500cc缶をほっぽらかしたことに対するものと思い500cc缶を回収します。
NEC111116 (54)
地図でいくと、下の広億団地から登ってきたので山頂を通り越してサムエルに向かい途中の分かれを左折と読みました。
(安佐北区役所でいただいた「あさきた里山いちばん」の野登呂山の記事中の地図を携帯に読み込ませました)
NEC111116 (23)
8:18あさひが丘が見えます。このルートで間違いないでしょう。左折ポジションさえ間違わなければと慎重に下っていきます。
NEC111116 (24)
8:21急登を下っていきますと
NEC111116 (25)
8:21窓が山キレットで見たようなロープが張ってあります。ありがたや。この山では結構役に立ちました。
NEC111116 (26)
8:28予想外の鉄塔に到着です。(これは動物園下の造成地からの2番目の鉄塔じゃないか。あちゃあ道を間違った)
NEC111116 (27)
8:28北方向にあさひが丘団地ガ見えます。気を落ち着かせよう。ここでまたセブンのおすしを頬張りました。
NEC111116 (28)
8:33満月から新月へと向かう昼間の月を見ながら考えました。このまま下って動物園下の取り付きに下りてもいいのですが
いかんせん軽トラを置いているので、動物園の峠を越えてサムエル奥まで軽トラを取りに、延々と舗装路を歩いていくのは
私の主義に反しますので泣く泣く急登を登って行こうと決めました。キレットの時と違ってロープがありがたかったです。
NEC111116 (29)
8:48頂上に帰ってきました。はあはあ。
NEC111116 (30)
8:51登りの道を引き返して分岐店に到着です。
NEC111116 (31)
8:52こちらを左手に下って行きます。
NEC111116 (32)
8:52案内看板がありました。
NEC111116 (33)
8:55サムエルへの下りのビューポイント。
ここでもリポビタンボトルが下から生えている枝に逆さま向けにさしてありましたので。これも回収です。
しかし、ここには灰皿は二つもいらんじゃろうと思うのですが・・・・。
NEC111116 (34)
8:59あさひが丘がかなり近く見えます(見えてないですが)
NEC111116 (36)
9:10案内看板です。IGLから登ってこられる方ように「山頂まであと20分」と書いてあります。
このあと、おじさんが登ってこられました。珍しく人に会いました。
NEC111116 (37)
9:18IGLグループの駐車場に無事到着しました。職員さんが出勤してこられたのでしょう、安佐、最初は2台でしたが
今は、いっぱいうまっています。
NEC111116 (38)
9:19取り付き愚痴には案内看板が「山頂まで約30分」
NEC111116 (39)
9:19取り付きから駐車したところまではすぐです。10mほど。
NEC111116 (40)
9:32弘億団地の取り付きに帰ってきました。
NEC111116 (41)
9:36ここが元の取り付きだったのでしょう。
NEC111116 (42)
9:37バス転回所から取り付きを見ると・・・、看板の陰で見えませんね。
NEC111116 (55)
ここが取り付きの地図です。

きょうの反省点は
NEC111116 (54)
この地図を見誤りました。山頂へは北からアプローチした感じじゃなかったのですが・・・・

あと、コマ地図風に取り付きからのルート図を作成しましたが、帰ってきてポケットに入れたまま洗濯してしまいました。
が、乾燥後、原型を留めたまま無事出てきました。
NEC111116TIZU.jpg
4コマ目は谷道に行くはずでしたが踏み跡が荒れていたのと尾根道に赤テープが巻いてあったので
尾根道を選び、結局5コマ目以降は使うことがありませんでした。

本日の空き缶 最初の弘億団地の取り付きで100円ライター、山頂でスーパードライ500ccが逆さまに木の枝に刺してあったのと
割れたビンが頂上ビューポイントの宿り木前に落ちていたのと
サムエル幼稚園手前のビューポイントでリポビタンがやはり逆さまに木の枝に刺してあったのを持ち帰りました。
もずがカエルを刺すのとは違うんじゃけえ、こんなことはやめて欲しいものです。

帰ってきてバイクや車を片付けているとパトや消防のただならぬサイレン音です。
NEC111116 (43)
10:52イオンへ向かう産業道路西向きと旧国道の交わる交差点から旧国道の南側を見る
NEC111116 (44)
10:56祇園保育園の北側駐車場には報道各社が既に来ていました。
NEC111116 (45)
11:00広島ホームテレビ。ここは女性カメラマンですぜ。
あの重そうなカメラを軽々とかついで移動しまくっておられました。
NEC111116 (46)
11:01広島テレビ
NEC111116 (47)
11:02左から2人目中国新聞の女性記者。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フジホン

Author:フジホン
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
長らく水曜定休でしたが2020年から「5」と「10」の付く「ごとうび」が定休日となります。
「バイクでわくわく毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる