FC2ブログ

「向山~窓ヶ山」 南登山口から上奥畑登山口  バイクと車で登山

「向山~窓ヶ山」 南登山口から奥畑口
[広告] VPS
NEC111026 (1)
7:30ここの取り付きは本当にわかりにくかったです。道路の突き当りまで行ってバイクを下ろそうとして
ロープをゆるめましたが不安になり、もう一度くくりなおしたぐらいです。
突き当り左には廃屋があります。その30mぐらい手前の右側に取り付きがあります。
この方のHPの一番下の画像がそうです。
NEC111026 (2)
7:41先週下ってきた、快適「南登山道」から登ります。
NEC111026 (3)
7:47前回偶然発見した向山分かれに到着しました。南登山口から登って行くと鋭角に左に折れないといけないので
初めてここを通ると、見落として通過してしまいそうです。
NEC111026 (4)
7:48前回の鉄の看板以外に小さな木の看板がかけてありました。ここを仏峠経由向山へ向かいます。
NEC111026 (5)
7:48あまり人が踏み込んでいない様子です。
NEC111026 (6)
7:51倒木も多数あります、大丈夫かいな。
NEC111026 (7)
8:01実は、こんなのはまだ序の口でした。
NEC111026 (8)
8:03藪漕ぎが始まりました。足元が見えないので慎重に進む分、時間がかかります。
雪中行軍がこんな感じなのでしょうね。
NEC111026 (9)
8:12そろそろ頂上かと思いましたが「仏峠」に、まだ到達していませんでした。
木立の向こうのほうに峰が見えます。まだまだ距離がありますね。
NEC111026 (10)
8:13今度は超急坂を降ります。さきほど角瓶が捨ててありました。
中身も少し入っていて重いのですがフタを空けるのも気持ち悪いのでそのまま持ち歩きます。
NEC111026 (11)
8:19まだまだ藪が続きます。ひざ上ぐらいまでもあります。
NEC111026 (12)
8:21ようやく鞍部の峠に到着です。ここでさきほどの角瓶を一時保管です。帰路にまた拾って帰ります。
NEC111026 (13)
8:21小さな案内看板がありました。
NEC111026 (14)8:26
NEC111026 (35)
9:28
仏峠から少し登ったところにいきなり看板があってびっくりしました。
でもその石の神を探しましたが分かりませんでした。
NEC111026 (15)
8:33五日市町有林の道標です。NEC111026 (16)
8:34この道標が尾根伝いに続きます。何でこんなのが延々とあるのでしょうか?
NEC111026 (17)
8:38頂上手前の岩場に到着しました。
NEC111026 (18)
8:39海に向かって、これは「オートモード」
NEC111026 (20)
8:40海に向かって、これは「風景」モード
NEC111026 (19)
8:40宮島方面をのぞむ。
NEC111026 (21)
8:40西方面はAシティーの奥の開発地。
NEC111026 (22)
8:45東の方角の窓が山と、つい先ほど上り下りしてきた小峰。
NEC111026 (23)
8:45「奥原の岩場」の看板がついています。
NEC111026 (24)
9:01頂上へと1歩踏み出すと、右下へ降りる看板が
NEC111026 (25)
9:01
NEC111026 (26)
9:02西風新都への降り口です。
NEC111026 (30)
9:08さきほどの「五日市町有林」の道標の意味が、この広島市の道標と並んでいるのを見て
初めてピンときました。佐伯郡五日市町時代のときに立った道標なのですね。
NEC111026 (27)
9:06頂上に到着です。
NEC111026 (28)
9:06三角点です。
NEC111026 (29)
9:06有志の方の啓発看板です。
NEC111026 (31)
9:23来た道をガンガン下って行くと、仏峠よりも手前になりますが「分かれ」の案内が。
NEC111026 (32)
9:23笹理方面への分岐です。
NEC111026 (33)
9:23南口へ戻るも地獄、奥畑も似たようなものでしょう、どちらも地獄。
NEC111026 (34)
9:23そこへ蜜のように「甘~い言葉」が。ついふらふらと下りていきそうになります。
NEC111026 (36)
9:31いよいよ奥畑への道です。さきほどよりも藪は背高く
NEC111026 (37)
9:32倒木も多く
NEC111026 (38)
9:32ジャングルかと思うほど、上からは蔓や倒木が下は笹の藪漕ぎを。
右は崖になっていて踏み外すと危険なぐらいで、この道は もう通りたくないですわ。
NEC111026 (39)
9:44下界に近づいてきたのでしょう堰堤がありました。
ダム部分は沼と化していて「お化け」や「かっぱ」が出てきそうです。
NEC111026 (40)
9:47ようやく人心地がついてきました。
NEC111026 (41)
9:51取り付きに戻ってきました。ふう、いつもより疲れました。
NEC111026 (42)
9:59バイクで上の第一駐車場まで「杖」を返しに行ってから下の第二駐車場まで下ります。
NEC111026 (43)
10:05第二駐車場でバイクを積んで終了。角瓶と3個の空き缶たちがスクーターと軽トラの荷台をどろどろにしてしまいました。
帰路、かごを抱えたご婦人がいらっしゃったので「きのこがとれるんですか?」と尋ねると
「これが食べれるかどうかを先生に聞いてからです。きのこ研究会なんですよ」とおっしゃってました。
その後、続々とお歳を召された方々が20人近く登ってこられました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フジホン

Author:フジホン
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
長らく水曜定休でしたが2020年から「5」と「10」の付く「ごとうび」が定休日となります。
「バイクでわくわく毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる