FC2ブログ

「キリンのジョルノ」かと思ったら「ドットのジョルノ」が来られました。

DVC180325giorno (1)
自分はピットで作業中、嫁さんが受付をしているバイクを遠めで見て見ると!
うを~!

DVC180325giorno (2)
キリンのジョルノは見たことがあるけど、これは「水玉」!のジョルノ

DVC180325giorno (3)
「キリン」並にインパクト絶大!

DVC180325giorno (4)
作業後に聞いてみると、同じ方の作品でした。

DVC180325giorno (5)
「ドット」でとの茶色ジョルノのオーナーさんのお願いを「形」にされました。

kirin.jpg
その方の「キリンのジョルノ」はこちら
スポンサーサイト

カブのボアアップ 黄色ナンバー

DVC180315cub (1)
ピストンピンクリップを外すのが大変。
いいラジオペンチが有れば吉

DVC180315cub (2)
いい色に良く焼けてます。

DVC180315cub (3)
一番大変な「こびりついたパッキンはがし」
オイル通路は塞いでおいて

DVC180315cub (4)
ピストン

DVC180315cub (5)
シリンダー

DVC180315cub (6)
トルク管理

DVC180315cub (7)
オイル通路にオイルが通っているか確認

DVC180315cub (8)
完成できあがり。試乗とオイルもれチェック。クラッチ滑りを心配しましたが大丈夫。初っぱな、キックが滑りかけてましたが直ぐに回復。

ダイハツ ハイゼット 軽トラック S510P 4WD 4ATのカスタム改造 シートリクライニング ハンドル寝かせ あとはクルーズコントロールとオーディオ取付

DVC180126hijet (1)

今シーズン17/12/6
にスノースクートに行くために2WDのアクティーで深入山BCに行った時に、除雪前の「いこいの森」に上がる道が上れなかったので今回4WDに買替。タントスローパーやハコバン福祉車両も考えていたけど嫁さんの「カヤックも積まんといけんけえね」の一言で軽トラにしないといけなかったことを思い出しました危うし危うし。夏のカヤックの時には渋滞必死な所を通過しないといけないのでATしかも4ATでないとクルージング時がうるさすぎるので、結局軽トラの4WDの4ATを探すとハイゼットしか選択肢が無かった。他社の4WDは3ATのみ(スズキキャリーは5MTのノークラッチ設定もあり)

DVC180126hijet (2)
ウォークスルーバンの時にはPCDが違っていたので鉄ホイールは装着できなかったのですが今回のハイゼットのPCDはホンダと同じになったのでアクティーのがそのまま取付できます。センターキャップに「H」マークが付いたまま

DVC180126hijet (3)
4ATはシフトノブの下に「ODオフ」のボタンが付いてる

rrrrrrrrDVC180126hijet (4)
スピーカー内蔵の「高級AMFMラジオ」付。
カーステを付けるにはスピーカーも新たに取付ないといけない

DVC180203hijetkai (3)
バイクを積もうとして初めて気づいたのが4WDの荷台の車高の高さ。結構、背が高いので積むのがきびしい。普通に「歩み板」をかけてバイクを押し上げるとエンジン下部が「歩み板」の頂点部分に当たり「亀の子」になってしまうので、「リアのあおり」はチェーンで「下向き斜め」にして「歩み板」をひっかけて頂点角度をゆるやかになるようにしないと自分の力ではバイクを押し上げるのは無理ポ。
ついでに歩み板が落ちないようにひっかけ板を取付

次に道後山など片道100km以上走っても疲れないようにポジションの改良
DVC180203hijetkai (2)シート
シートをリクライニングさせて背もたれを寝かす。

DVC180203hijetkai (4)フートレスト
左足が伸ばせないのでフートレストを外してポジションに余裕をもたせる。

DVC180224hijet (10)ハンドル
ハンドルを寝かせて乗用車感覚に。

DVC180224hijet (8)メーター
ハンドルとメーターの位置関係

あとはクルーズコントロール取付とオーディオ取付
rrrrrrrrDVC180126hijet (9)
ラジオを外すにはメーターフードカバー全体を手前に引っ張る

rrrrrrrrDVC180126hijet (10)
クリップで止まっているだけ

rrrrrrrrDVC180126hijet (11)
引っ張れば外れる

rrrrrrrrDVC180126hijet (8)
スピーカー一体型なのでスピーカーと配線が必要

rrrrrrrrDVC180126hijet (7)
ビスを外せばラジオは簡単に外れる

rrrrrrrrDVC180126hijet (6)

rrrrrrrrDVC180126hijet (5)
この二つのカプラーに社外オーディオを取付

クルコンはまた次回に

N-BOX リアスピーカー取付交換の内装 内張外し


DVC191009nbox (1)speaker

DVC191009nbox (2)speaker

DVC191009nbox (3)speaker

DVC191009nbox (4)speaker

DVC191009nbox (5)speaker

DVC191009nbox (6)speaker

DVC191009nbox (7)speaker

DVC191009nbox (8)speaker

DVC191009nbox (9)speaker

DVC191009nbox (10)speaker

DVC191009nbox (11)speaker

DVC191009nbox (12)speaker

DVC191009nbox (13)speaker

DVC191009nbox (14)speaker

DVC191009nbox (15)speaker

DVC191009nbox (16)speaker

DVC191009nbox (17)speaker

DVC191009nbox (18)speaker

DVC191009nbox (19)speaker

DVC191009nbox (20)speaker

DVC191009nbox (21)speaker

DVC191009nbox (22)speaker

DVC191009nbox (23)speaker

DVC191009nbox (24)speaker

DVC191009nbox (25)speaker
DVC191009nbox (26)speaker
DVC191009nbox (27)speaker
DVC191009nbox (28)speaker

DAXのある風景 「かかりが悪い」と来られましたが本当の原因は違っていました。キックをしやすいようにペダルの交換

DVC171019dax (2)
最近入手された、お気に入りのDAXで一つだけ気になるところがあると相談に来られました。
「かかりが、ものすごく悪い」と来られました。5分ぐらいキックすることもあるとのことでしたが始動時の方法などを聞いてみましたら本当の原因はどうやら違うよう。

DVC171019dax (3)
アップマフラーがじゃましていてキックがこれだけしか出ていないのでキックを踏みづらく、マフラーに足をこすりつけながらキックをしなければいけないので足が痛くて痛くてまるで苦行のよう。

DVC171019dax (6)
倉庫にあったキックを引っ張り出してきて色々試してみて

DVC171019dax (4)
一番外に張り出すタイプを試しに取り付けてみます。

DVC171019dax (5)
モンキーRの折りたたみ式もあったのですが、このキックペダルがちょうど良さそう。

DVC171019dax (1)
キックをされる時の曇った顔が、晴れやかな顔に かがやいて
ばっちり。満足していただけたと思います。

N-BOX リアシート スライド 改造 リアシートスライド無しをリアシートスライド改造と逆リクライニングに改 荷室に大型ベビーカー積載可に

リアシートスライド無しN-BOXに乗っていて少し不便だったのが、4人乗ってベビーカーを荷室に積もうと思ったらベビーカーが大きすぎて積めなかった。後席の足下前に置けばすむことだったけどリアシートの前が広すぎてもったいないぐらいなのでリアシートが前に移動できれば、または背もたれが「立て」ば大型ベビーカーも充分に載せられるので改造。
DVC191009nboxseat (1)
15cmほど前に移動。

DVC191009nboxseat (2)
リアシートは普通に収納も可能

DVC191009nboxseat (3)
ノーマルシートと同じ角度の背もたれになるようにステーをつくって。

DVC191009nboxseat (4)
シートを前に移動していても足下は広々。

DVC191009nboxseat (5)
ほぼ直立ぐらいまで立てると荷室容積は最大に

DVC191009nboxseat (6)
一番寝かせればかなりのリクライニング。3段しかミゾが無いけどミゾを増やせば何段でも角度を設定できる。

DVC191009nboxseat (7)
荷室の床面の前後長が上まで続くので

DVC191009nboxseat (8)
なんでも積めそう。

JA10 クロスカブ CC110のカスタム 延長リアキャリアの取付とボックス縦または横取付の見本

DVC170718rearcareer (1)
延長リアキャリアの取付

DVC170718rearcareer (2)
これを付けると、リアキャリアのスペースが有効活用できます。
タンデムシートを付ける方もいらっしゃいます。
下り坂での体重移動の有効スペースとしても。

DSC170720boxtateyoko (1)aa
ボックスの縦付見本

DSC170720boxtateyoko (2)aa
ボックスの縦付見本

DSC170720boxtateyoko (3)aa
ボックスの横付見本

DSC170720boxtateyoko (4)aa
ボックスの横付見本

DVC170720cc110kansei_20170730215113306.jpg
これですべてのカスタムの完成です。
お待たせしました。注意点が3点ほどありますので、のちほどお伝えさせていただきます。

JA10 クロスカブ CC110のカスタム .SP武川 ヘッド ライト ガード(要加工) キタコナックルガードの取付

SP武川 ヘッド ライト ガード(要加工)
DVC170718cc110headguard (1)
ヘッド ライト ガードとヘッドライトケースを同時に装着するためにボルトを外から取付ようと思うと、内側の「ナット」に当たる部分が「ポトリ」と落ちてしまいます。ナットを手で押さえて先にケースだけ取付ようと思ってもガードとヘッドライトはケースと一緒に組みあがっていないといけないので物理的に無理。加工しないといけません。

DVC170718cc110headguard (2)
ナットが落ちないようにして

DVC170718cc110headguard (3)
無事に装着完了

DVC170720cc110hand_20170729210047c0b.jpg
キタコナックルガードはクロスカブ専用ではなくて汎用になるので、取付位置に注意しないとナックルガードが「フロントブレーキレバーのロック」に干渉してしまいフロントブレーキをかける度にロックがかかってしまいます。
充分な間隙をあけて取付完了です。

JA10 クロスカブ CC110のカスタム プロテック(PROTEC) シフトポジションインジケーター フルキット

プロテック(PROTEC) シフトポジションインジケーター フルキット
DVC170718cc110position (1)
6P、4Pカプラーに配線を割り込ませ、防水加工を。

DVC170718cc110position (2)
イグニッションコイルに割り込ませ

DVC170718cc110position (3)
センサーをフロントホイールに120度ずつずらせて取付

DVC170720cc110position (1)
ニュートラルなら「0」表示

DVC170720cc110position (2)
「1」速にいれると「1」表示

JA10 クロスカブ CC110のカスタム アンダーガードの取り付け エンデュランス製

KWSR様のクロスカブをカスタムさせていただきました。
最初はアンダーガードの取り付け。
DVC170718underguard (1)
エンデュランス製のアンダーガードで、このメーカーのいいところは「ノーマルのレグシールド」がそのまま装着できるところ。

DVC170718underguard (4)
ヘッドライトステーの下部にガードパイプの上端を固定

DVC170718underguard (2)
ガードパイプの下端をスキッドプレートの前部に固定。

DVC170718underguard (3)
スキッドプレートの後部はメインステップの固定ボルトに共締め

装着完了
DVC170723underguard (1)
純正レグシールドと同時装着できました。

DVC170723underguard (2)
スキッドプレートが完璧にエンジン下部やマフラーをガードしてくれています。
-つづくー

N-BOXに社外フロアマットのフルセットの取付 純正よりも良いところが3か所

DVC170622 nboxmatfro
フロントのマット。
純正マットは、左のスロープ状のフートレストはカバーされてない。
これはフートレスト部分までカバーされている。
左右が一体ものなのでずれにくい。

DVC170622 nboxmatrear (1)
後部座席のマット。
純正マットは、スライドドアステップ部分のプラスティックのカバー部分までは覆われていない。
これは一番端まで覆われていてプラスティック部分に傷がつかない、乗り込む時に滑らない。

DVC170622 nboxmatrear (3)
同じ部分の画像

DVC170622 nboxmatrear (2)
滑り止めの下敷き付
純正は、この部分はむき出しのまま。

DVC170622 nboxmatrear (4)
同じ部分の画像

DVC170622 nboxmatrr
ラゲッジ(トランク)のマット
純正のマットには、これは付いていない。

一番心配したのは「におい」
輸入ものによくある、「のり」のにおいや「すっぱい」におい。
これは全く大丈夫でした。

オーディオレスのN-BOXにオーディオ取付 AMラジオが入らない

新車でも未使用車でも中古車でもオーディオレス車の納車には驚かされます。
  「ぽっかりの画像」
ダッシュにぽっかり穴が開いていて

穴をふさぐためにオーディオを取り付け。まず取付キットの入手から。カー用品ならエーモンが理想的

N-BOXもご多分にもれず ホンダ車の常で年式が違えば設変、設変のアラシで前期に付いたものも後期には付きません。

アンテナ線が今回該当して前期と後期ではカプラーが違うので取付キットも2種類出ています。
また用品やさんは年式で適合を決めることが多いのですが登録年月日がずれこんでいるとそれもあてになりません。
今回のエーモンさんの適合表が、年式とフレーム番号のずれがあったので特定できませんでした。
DVC170614n (5)av
このアンテナ線が丸いのと四角いのが有ってカプラーの形状が2種類有り、取付キットも2種類出ています。

DVC170614n (4)av
エーモンさんに直接教えていただいて、正しい品番のキットの手配

DVC170614n (6)av

DVC170614n (7)av

DVC170614n (8)av

DVC170614n (9)av

DVC170614n (10)av

DVC170614n (11)av

DVC170614n (13)av
上側のキットに付属のプラスネジと、最初から付いていた下側の5mmボルトを取り付けて固定完了です。

DVC170614n (12)av
取付完了ですが、何が起こるか分からないので「オーディオパネル」は、しばらくははめ込みません。かぶせてるだけ。

で、ラジオチェックすると、大好きなAMの「RCC」だけが全く入らない。NHKやFMは入る。アースは完璧。
嫁さんが「オートアンテナ線だよ~」と
DVC170619 n-aosen (1)av
電動上げ下げのオートアンテナは付いていないので青色のオートアンテナ線は不要と思っていたら現代の隠れた呼び名は「ブースタ電源線」
最近の小さなアンテナの性能を補うためのブースターの電源をこのオートアンテナ線がまかなってる

DVC170619 n-aosen (2)av
この青色の「オートアンテナコントロール出力線」をつないで「本名正憲のおはようラジオ」や「横山雄二のごぜん様さま」もばっちり入るようになりました。

N-BOXにバイザー取付 スモークバイザー 3Mテープと金具付

N-BOXにバイザーの取付
DVC170619n-viser (1)
取付金具の位置決めのためにバイザーを仮止め

DVC170619n-viser (2)
前扉に3か所ある内の一番前側の下。ここだけ長いステー。これは運転席側。ステーの位置決めは大雑把で大丈夫。バイザーを取り付ける時に、ステーがずれていても手で簡単に動かせます。

DVC170619n-viser (12)
これがその長いステー。穴にゴムを挿入しておく。これにスナップを「パッチン」と。

DVC170619n-viser (3)
前扉の残り2か所と後ろ扉の2か所のステーは短いもの。

DVC170619n-viser (5)
画像の順番が間違っていた。左から、スナップの次にバイザーが来てその次にゴムが来て最後にステーが来るのが本当の順番

DVC170619n-viser (7)
この画像の通り。ゴムは前もってステーに付けておく。

DVC170619n-viser (10)
ドアの段付きに沿ってバイザーを取付予定

DVC170619n-viser (11)
同じく形状が合うように段付きの通りに取付予定

DVC170619n-viser (8)
最初に3Mテープの当たる部分を脱脂しておく。3Mテープでバイザーをドアに接着する前にある程度の位置決めをして金具にスナップをパチっと止める。そのためにテープを少しだけ剥がして位置決めの手助けを。

DVC170619n-viser (9)
位置決めが確定してスナップをパチっと止めたら3Mテープを全部剥がして隅から少しずつ指で押して圧着していく。

これで完成

PCXにホンダ純正ナビの取付

DVC170323navi (1)
完全防水のホンダ純正ナビ

DVC170323navi (2)
さすが純正用品だけにスマートに装着できます。

ウォークスルーバンのサイドステップを製作

DVC161230wtv (1)
年末お正月休みを利用してサイドステップを製作
「 素晴らしいできばえ! 」 http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=063j ]
プロフィール

フジホン

Author:フジホン
10月7日(日)結婚式のため臨時休業させていただきます。
よろしくお願いします。
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
水曜定休
「バイクで毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる