FC2ブログ

CT110 ハンターカブの前後タイヤの交換 CC110 クロスカブのタイヤを選択

CT110ハンターカブの定番IRC「FB3 2.75-17」ではなく
IMG_20190520_154122.jpg
CC110クロスカブの「GP5 80/90-17」

IMG_20190520_135715.jpg
タイヤの比較

IMG_20190520_135727.jpg
リヤブレーキシューの点検

IMG_20190520_142843.jpg
ブレーキの共鳴共振の鳴き防止に役立つようにワコーズのスレッドコンパウンドで

IMG_20190520_141623.jpg
ホイールリムに錆が発生していてチューブへ傷付ける恐れがあるので錆落としを

IMG_20190520_135736.jpg
チェーン交換も承りました。

IMG_20190520_142450.jpg
このタイヤは軽点マークのあるタイヤなのでバルブ口にピッタリ合わせておきます。
こんなにピッタリと合うと何か嬉しくて嬉しくて

IMG_20190520_142859.jpg
ホイ-ルベアリングの点検を

IMG_20190520_153517.jpg
スピードメーターギアの点検と給油脂を併せて
フロントブレーキシューにも鳴き防止に役立つようにワコーズのスレッドコンパウンドで
スポンサーサイト



200系ハイエースワゴン快適化計画 その7 後部座席にはシガーソケットがひとつも無いのでUSBシガーソケットの取付 不思議なことに標準ではAC100V電源装備

後部座席にシガーソケット。普通のくるまなら絶対に付いているものがハイエースワゴンには付いていない。
それを取り付けるだけので快適化でもなんでもないんだけど・・・・
IMG_20190805_112801.jpg
アクセサリー電源からとるのに一番簡単なのがオーディオ裏からのアクセサリー電源

IMG_20190805_135724.jpg
右側のドアミラーなどの集中結線からアクセサリー電源を引っ張るためにダッシュ周りの内装はぐり。
シガーソケット配線にたどりつくためにもここいらをはぐらないといけなくて

IMG_20190805_135750.jpg
最後部座席用シガーソケットへの結線がこちら。最後部座席では電動空気入れを使ったり電動シャワーを使ったりするので通常のアクセサリー電源では心もとないのでシガー電源からとってヒューズも大きめなものに。

IMG_20190821_165116.jpg
通常のシガーソケット以外にダッシュボードの下に新設。ドライブレコーダーやETCやナビの後付用の電源として。この車ではドラレコ用にだけ必要だったので、ちと多すぎたかな?おまけに最初から100V電源まで付いているし。この車を設計した人、ちとおかしい支離滅裂。

IMG_20190821_165141.jpg
2列目の横。シガー2個とUSB2個。切替スイッチが付いていてアンドロイドもiPhoneどちらも充電できるそうな。

IMG_20190821_165226.jpg
3列目の後ろ4列目の前には、シガーソケットから電源をひっぱった、ちと大き目のやつ

後部座席にはシガーソケットは無いけど前のダッシュ下には標準でこんなものが付いています。
20190831102400_p.jpg
AC100Vの電源ソケット。何に使うために付いているのかさっぱりわからない。

20190831102410_p.jpg
AC100V 100Wなのでモーター類や電熱ヒーターなどはヒューズがとんでしまうので使えない。スマホ充電などには使えそう。

200系ハイエースワゴン快適化計画 その6 サーフボードのインナーラック取付 パイプラック クリップナット未取り付け 

IMG190826innerrack (1)
サーフボードを載せるパイプラックを作るために色々知恵を絞って。最初は「突っ張り棒」とかも考えたけど伸縮するパイプでしかも伸ばして固定できるものを考えた結果、これに。

IMG190826innerrack (2)
先を加工して、天井内装止めのグロメットを外してその穴に

IMG190826innerrack (3)
反対側も同じくグロメットを外してその穴に

IMG190826innerrack (4)
2本這わすとサーフボードも楽々可能かと。

で娘たちが多人数で浜田にサーフィンに行くのに初使用
IMG190826innerrack (7a)
左右に1枚ずつ固定しようと思ったけど、ハイエースワゴンのシートの配列が右半分に集中するので頭上の圧迫感を嫌って左にまとめることに。

IMG190826innerrack (7b)
ロングボードとショートボードを2枚重ねしても重量的にも高さも余裕で大丈夫

IMG190826innerrack (7c)
急ブレーキで頭直撃「ミサイル」防止のために、ネットを併用して固定して安全面もしっかりと。
いいサーフィンラックができた。余裕の@450


きょう、一般的なパイプラックを作るための「クリップナット」
IMG_20190827_212309.jpg
が届いたけど、今付けている このラックで充分だと思えてきた。
ただ2、3、4、列目の人には上部のアシストグリップが備わってないので、そのためにも前後に這わすパイプラックを付けないといけないのでぼちぼちと作ってみよう。

IMG_20190827_212355.jpg

IMG_20190827_212420.jpg
ボルト穴センターからの奥行が20mmはありそうな優れもの。
他のは大体15mm前後が多いので届かない箇所も出てくる。

IMG_20190827_212511.jpg
いつも送料無料で送っていただいているので申し訳なくて。今回もホースバンドを一緒に注文させていただきました。

200系ハイエースワゴン快適化計画 その5 キーレスエントリー取り付け。イモビキーのスペアーが作れた、たまたま。

通常の方法は、こちら
IMG_20190825_131850.jpg
通常の方法ではイモビキーのスペアーキーが作製できなかったので他の方法を考えてみると

1.アイカギやさんのイモビコピー機で作ってもらう。
安佐南区相田の有店舗アイカギやさんで1本13000円ぐらい。ネット広告の広島の無店舗のアイカギやさんで3万円ぐらいから。神戸や東京の有店舗では7000円ぐらい。コピー機を「フキ」さんから自分で買うと20万円少々ぐらい。
思わずコピー機を買おうかと思ったけど、今回以外に使い道が無さそうなので購入は見送ることに(そりゃそうぢゃろ当たり前

2.唯一ある今のキーのイモビチップをレシーバー部分に貼り付けて、普通のアイカギでエンジンがかかるようにする。

う~ん、やっぱり相田の有店舗のお店でイモビコピーじゃろうなあと思いつつ、並行してオークネットの出品店さんの出品表に「取説-有り」「純正キー-無し」の表記だったので「取説送付」のクレーム申請をしてもらって(純正キーの請求はノークレームになる)
(取説ぐらいまあいいかと思ったけど、メ-カーに取説再手配を依頼すると、とんでもなく費用がかかることが判明したのでクレーム申請をすることに。トヨタ車の取説はネットでは現行車のみが見れる。ホンダ等は少しぐらい前の車両でも見れるのでそりゃあちょっと意味がないじゃろと思ったけど)

とりあえずイモビキーコピーは置いといて、どちらにしても現在キーレスエントリーが付いていないのでキーレスを取り付けることに。
集中ドアロックなので全部のキーシリンダーにモーターをつけなくてもいいので相当楽チン。

IMG_20190723_141154.jpg
この配線を取り付けるだけ。

IMG_20190723_161840.jpg
ダッシュ下のグローブボックスの奥のジャンクションボックスにアプローチするためにグローブボックスの取り外し

IMG_20190723_161901aaaaa.jpg
ヒンジとツメの様子

IMG_20190723_161853aaaaaaa.jpg
ボックスは右から外すのが正解

IMG_20190723_160314.jpg
ついでにエアコンフィルターが見える

IMG_20190723_160350.jpg
ただのネットのみ。あとづけフィルターを入れてやろう

IMG_20190723_143329.jpg
アース線をハンダ付けで作っておいて

IMG_20190723_153120.jpg
ジャンクションボックスから配線を引っ張って

IMG_20190723_153326bbcc.jpg
最後にリモコンの登録を行なって完了

IMG_20190723_163956aa.jpg
でもって嬉しい誤算が、出品者から取説が送られてきましたが一緒にマスターキーも入っていた。
なので通常のイモビキーのスペアキー作製ができ、カギ4個持ちの大富豪になってしまいました。
取説の到着を待たずにイモビコピーをアイカギやさんに頼んでいると2個で26000円の余分な出費になるところでした。
めでたしめでたし。

200系ハイエースワゴン快適化計画 その4 イモビキーのスペアキー作成

キーが一個しかなかったので予備キーの作製の下準備
IMG_20190714_173739.jpg
パワーゲート付のダイナ・トヨエース用に買っておいた普通のスペアキーのブランクキー
これで合鍵を作っても、ドアキーを回して中に入れてイグニッションキーを回せてハンドルロックの解除ができてセルを勢い良く回すところまではできるけれどエンジンは全くかからない。
イモビキーなのでキーと相手側レシーバーとの間の「エンジンかかってもいいよ」という通信ができないとかからない。
のでイモビキーを注文。そのためにはキー番号が必要に。ドアロックキーをバラして番号を控えるのが一番早いということで

IMG_20190714_162632.jpg
ドアの内張りを剥がすためにドアミラーの内側の内装をはぐってみて・・・・・、ん?もっと手っ取り早かったはず

IMG_20190714_162436.jpg
そうそう、ドアのこちらに花びら状の「めくらぶた」が

IMG_20190714_143019.jpg
これを剥ぐると中にトルクスネジが有るはず

IMG_20190714_124909.jpg
そうそうあのネジ

IMG_20190714_142752.jpg
あれを外せばドアロックキーが外れる

IMG_20190714_124925.jpg
無事外れました。この裏に番号が

IMG_20190714_124853.jpg
この番号でイモビキーのカットキーが来る

IMG_20190714_134131.jpg
うちのすぐ裏の広島トヨタ祇園店さんでイモビキーを同じなら余分に2個あったほうが安心なので2個注文。フェアーなのでクジを引いていってくださいと言われたけど車を買いに来たわけじゃないので辞退すると賞品をくださいました。夜のランニング用の光るベルト。申し訳ないけどありがたく頂戴しました。

IMG_20190714_142031.jpg
バラしたついでにキー専用の潤滑スプレーを吹いておく

IMG_20190714_142017.jpg
CRCやグリスはベトベトして作動不良になりやすいので専用スプレーがおすすめということで

IMG_20190723_164101.jpg
カットキーが届きましたよ、ということでお邪魔して

IMG_20190714_130803.jpg
お飲み物サービスも申し訳ないので辞退して待っていると・・・・・
1本しかなかったキーは「マスターキー」じゃなくて「スペアキー」なので、イモビのスペアキーは作れないことが判明。ホンダ車でも同じだったことを思い出した。
確かにキーの色が「黒色」じゃなくて「グレー」っぽかったので気付けばよかったけど、まさかねえ?
で、手元にはエンジンがかからないスペアキーが2個。しかも普通のスペアキーの代金としては相当高い(笑)

ーキーレスエントリー取り付けにつづくー

200系ハイエースワゴン快適化計画 その3 バックカメラの取付 有れば便利な「配線通し」

快適化計画に絶対に必要なのがバックモニター。ルームミラーでは後部座席のヘッドレストや乗員が邪魔をして全く見えない。
IMG_20190721_175512.jpg
そびえ立つ4人掛け座席
S__76709890AAA.jpg
人が座れば全然見えない

バックモニターを色々探してみてチャイナ2千円ぐらいから色々有ったけど・・・・・
IMG_20190713_153217.jpg
付いているナビが「イクリプス AVN5502D」 オプションにバックモニターの設定が有り、電源やリバース信号を探さなくてもカプラーを挿し込むだけで配線完了になるので純正で。

IMG_20190718_184254.jpg
通常のナビ

IMG_20190718_184303.jpg
取り付け後、ギアをバックに入れるとモニター作動。

IMG_20190718_151245.jpg
最初にナンバー上部にカメラの取り付け。最初から取り付け部分に切り欠き模様が付いている。

IMG_20190718_151316.jpg
配線をバックドア内に引き込むにはこの配線しかなくてここから。

IMG_20190718_150305.jpg
ドアの内側に引き込み

IMG_20190718_164843.jpg
ドア内部から室内に引き込むにはこの配膳から。蛇腹の中を通す

IMG_20190718_164856.jpg
そのために1mちょいぐらいの配線通しが必要。曲がらずフレキシブルなもの。有れば便利な「配線通し」丁度steedか何かの「メッシュのクラッチケーブル」が有ったので工具としてピッタリ。

IMG_20190718_165943.jpg
下から配線通しで一発では通らないので上からガイド用の針金を引き込むために、配線通しを使用。

IMG_20190718_174108.jpg
次に蛇腹部分から室内への引き込み。有れば便利な「配線通し」丁度いい太さのスポークがあったので配線通しとして使用

IMG_20190718_174153.jpg
蛇腹の中も室内へもこれで楽々

IMG_20190718_174406.jpg
室内へ通して天井内張り内を前まで通す。

IMG_20190718_180811.jpg
カメラ側の配線だけでは前まで届かないので、ナビ側の配線を前から通す。ジョイント部分は最初から設定してあるので大丈夫。

IMG_20190718_180825.jpg
ダッシュボード裏側から通してAピラーへ。

IMG_20190718_181941.jpg
Aピラーから助手席上の天井を通して

IMG_20190718_175109.jpg
スライドドア上部まで。

IMG_20190718_182700.jpg
助手席後ろのスライドドアーのこの位置で、後ろからの配線と前からの配線のジョイント部分が来ます。

200系ハイエースワゴン快適化計画 その2 2列3列と4列目後部座席リクライニング

IMG_20190711_161436.jpg
2列目3列目はここまでしかリクライニングしなくて、4列目はほぼ断崖絶壁、いずれも2ノッチしかリクライニングしない。もちろん前にも倒れない。

IMG_20190721_180821.jpg
ストッパーをカットすると前にも後ろにもリクライニング可能に

IMG_20190721_180249.jpg
「みなさん!おはようございますぅ!」って感じ

IMG_20190721_175512.jpg
絶壁と2ノッチ倒し。まだまだ正座と変わらないぐらい。

IMG_20190721_175418.jpg
4列目もここまで倒せればなんとか長距離もガマンできる。リアドアを開けるともっと倒れるけど閉めていればこれが精一杯。

IMG_20190721_155613.jpg
これでシートの快適化の第一弾は終了。まだ第二段として4列目を前に移動があるけどとりあえずは。

実際の作業はこちら
IMG_20190721_182147.jpg
20箇所カットしたストッパー。エアツールと電動工具を駆使しても半日かかった。

IMG_20190721_105641.jpg
最初にリクライニングレバーを引っこ抜く。裏側のストッパーの様子

IMG_20190721_105700.jpg
通路側カバーを外す。爪の様子。

IMG_20190721_114658.jpg
左のシートの背もたれを外すための右部固定ボルト2本を外すために座面の後部をめくりあげたいので、後部下の裏側の表皮ストッパーを外す。ひっかかってるだけ。

IMG_20190721_123312.jpg
その固定ボルトの1本が見える。

IMG_20190721_123338.jpg
同じボルト。この5cmほど前にももう1本ある。

IMG_20190721_125557.jpg
背もたれ部分が外れたのでストッパーをカットする。

IMG_20190721_105621.jpg
左部分をカット。

IMG_20190721_125549.jpg
右も同様にカット。

IMG_20190721_130942.jpg
これでリクライニングも前倒しも可能に。快適化というよりも、ようやく普通の車のシートと同じになりました。

次に4列目シートのリクライニング加工
IMG_20190721_163721.jpg
左側シートの右のカバーはスクリュー2本で簡単に外れる。カットする金具が見えてるけど、カバーのスクリュー受けのコの字金具が邪魔をしていて外側からはカットできない。

IMG_20190721_163747.jpg
内側からのカットになるけどシートレザーを傷つけたりサンダーでの鉄粉で穴をあけないようにしないと。

IMG_20190721_163805.jpg
新品のサンダーの刃ならなんとか届いてカットできそう。

IMG_20190721_163950.jpg
鉄粉がくすぶって時間差で火事にならないように注意しながら部ににカット完了。

IMG_20190721_165236.jpg
次に右座席の右側のカット(左座席の左カットが順当だけど撮り忘れで一挙に右座席に)

IMG_20190721_170355.jpg
外したレバーとカバーの様子

IMG_20190721_165318.jpg
このステーをカットをするにはシートレザーが絶対に当たるので、チャックを開いてシートレザーをめくり上げないと

IMG_20190721_170412.jpg
めくり上げて当たらないようにしてからカット完了。

IMG_20190721_172635.jpg
そのチャック! どう考えても表裏が反対みたいで

IMG_20190721_172805.jpg
チャックの取っ手の持つところが外側にきてもおかしくないのに

IMG_20190721_172859.jpg
どういう意図があるのか取っ手が内側なので開くのも閉じるのもやりにくくてしようがない

IMG_20190721_172926.jpg
結局はエンド部分は内側に折りこむので取っ手が外側にあってもなんら不都合はない

IMG_20190721_174414.jpg
不思議なチャック

IMG_20190721_174424.jpg
不思議なチャック

IMG_20190721_174517.jpg
不思議なチャック

IMG_20190721_174444.jpg
不思議なチャック


4列目シート背もたれシートカバーチャック部分

200系ハイエースワゴン快適化計画 その1 2列3列4列目後部座席周りが全然だめで

自分的には「車は所有しなくてもレンタカーなどでシェアすればOK!」という考え方に、ここ最近段々と傾いてきていたのですが、
お盆に孫が帰ってきたときに全員が一台で移動するために、盟友「みやっち」さんところで予約しようと思って段取りを考えていると、
いつからいつまで予約すればいいんだろう?と予約がたてられないのと、それに加えてお盆料金になり、ほぼほぼフルに全日予約をしてしまうと15万円以上かかってしまう、
ということでシェアでなくて10人乗れる車を探してみると・・・・・
IMG_20190711_161538.jpg
ハイエースワゴンしか無かった。しかも2列目3列目シートに肘掛が付いていて、4列目がたためてバイクやカヤックやスノースクートが積めそうなのはGL。雪遊びをしにいくなら4WDで。

IMG_20190711_161419.jpg
4ナンバーのハイエースバン9人乗りを、カスタムして2列目3列目をスライドシートでシート間に余裕をもたせる方法も検討したけど、足回りや内装や静粛性を考えると、快適なのは結局ワゴンになってしまうのかな?と。
ってことでオークネットのTVオークションで探してみてこちらの一撃。

IMG_20190711_161436.jpg
ただワゴンのことであとjからわかったことが多数。DXもGLも後部座席の快適性が全く考えてられてなくて旅館の送迎用程度の15分ほどの快適性。
2、3,4列目シートのリクライニングが2ノッチしかしない(ほぼ直立)
シガーソケット、USBが全く無し。
天井サイドのアシストグリップが全く無し。
4列目シートの後ろにカーゴスペースが全く無く3列4列間が無駄に広い。
などなど、せめて「ノアやステップワゴン」並の快適性をつくらなければと
ハイエースワゴンの快適化計画をすることに

CC110 クロスカブ ドライブスプロケットの交換 14Tから15Tへ

IMG_20190809_113543.jpg
14Tから15Tへ。

IMG_20190809_113030.jpg
燃費の向上と4速ギヤの常用速度でのエンジン音のうなり防止を期待されています。
試乗してみて、しっかりと効果が上がっていたように思われます。
チェーンの交換やカットは必要ありませんでした、このクロスカブは。
個体差があるのでチェーンのコマ数が足りなくなることもあります。

鶴の一声で、修理でなく交換オッケー 日本で言えば大蔵省に聞いてみる

バイクが到着、しばらくして電動チャリでお子様連れの女性の方も到着
1.jpg
「エアーヲイレテモイレテモモレテクルヨ」
「パンクですかねえ?何日ぐらいでモレてきますか?」
「サッキイレテモ、モウモレテルヨ」
「タイヤの状態がそんなに良くないしリムも曲がっているので修理をしても直らないかもしれません
タイヤ交換のほうがいいと思いますが・・・・」
「シュウリデオネガイスルヨ」

2.jpg
ご主人は安く上げる修理しか眼中にないみたいなので、奥様にも聞こえるように電チャリの方へ近づいて行って
「一見安く上がりそうな2~3千円をかけて修理をしても、すぐにタイヤ交換をしなければいけなくなり無駄金、死に金になりそうです。タイヤ交換とエア漏れの周辺作業は7~8千円です。
お客様には長い目で見てお得な方を選ばれる方もいらっしゃいますし、とりあえず今日だけ持てばいいとおっしゃる方もいらっしゃいますので、どちらをお選びになられてもかまいませんよ」と説明させていただくと、
奥様がご主人に「ゴクゴウュチクラソオゴクゴウュチンブタ」とおっしゃりご主人が
「ジャア、タイヤコウカンデオネガイスルヨ、イオンニイッテ1ジカングライデカエッテクルヨ」

3.jpg
リム曲がりで空気圧不足で走っているとここから漏れますよね。
タイヤの磨耗を見ると完全に空気圧不足での走行で両サイドが真ん中よりも磨耗していたので。

4.jpg
漏れないように修理して新品にタイヤ交換

5.jpg
タイヤ交換のあと、エアー漏れのチェックを水に浸けて確認。しっかりと直っていました。
奥様の「鶴の一声」でした。

パンク 東京海上のロードサービスで無料で入庫 タイヤバースト

佐伯区でパンクしたとお電話をいただいたので一番いい方法を相談させてもらって任意保険のロードサービスを使っていただくのが最善最安とわかりました
IMG_20190713_111827_20190714072957b38.jpg
タクシーだと4~5000円?ぐらいの距離でしたが無料で入庫

IMG_20190713_111845.jpg
パンクと聞いていたので見てみると

IMG_20190713_111837.jpg
バーストしてました。

IMG_20190713_123152.jpg
こりゃひどい。

IMG_20190713_123241.jpg
こんなの初めて見ました。

IMG_20190713_111801a.jpg
ここのレッカー屋さんのゲート長延長の工夫

CRM50 特殊工具が無いのでプラグ交換ができない。クラッチケーブル廃番入手不可。スロットルケーブルも廃番

190711crm50 (8)
クラッチケーブルはとりあえず入手できたので交換。スロットルは作ってもらわないといけなかったので今回は見合わせに。他に入手可能だったスイッチ類は交換のご依頼でした。

190711crm50 (6)
一番大事なプラグ交換が通常の工具ではスペース的に無理で入らない。

190711crm50 (3)
上にあるホースやフレームや配線に当たってしまう。

190711crm50 (4)
このどれもが、頭がつかえて入らない。1cmほどカットすると使えるかもしれないのでカットしようかと思ったけど、今度プラグがゆるむとおそらく抜けなくなってしまいそう。

190711crm50 (5)
「NSRプロショップ」時代に重宝していたこの秘密兵器を思い出してキャディー中を探しまわるとあった。バーが水平なタイプはあった。バーが「ヘ」の時ノタイプも有ったんだが見つけられず。NSRのリアバンクのプラグ交換に最適だったはず。

190711crm50 (7)
よかった!無事にプラグ交換できた。

190711crm50 (1)
プラグの頭がはずれるタイプ。

190711crm50 (2)
昔はこいつをたくさん集めてアクセサリーを作った?作ろうとした?ような記憶が

をゐをゐ!なんてこった! F回りの修理 その二

190601_134632 fork (1)
フロントフォークからオイルがダダモレだったのでフォークのオイルシールの交換を

190601_134632 fork (2)
ステムからフォークを2本外して

オイルシールをチャチャっと交換して終わり・・・・のはずが
190601_134632 fork (5)
1本は通常通りインナーパイプを引き抜くのにオイルシールと一緒に「ガッコンガッコン」と引き抜きました。

190601_134632 fork (3)
もう一本を引き抜こうとすると・・・「スコーン」とオイルシールはアウターフォークに残ったままインナーだけ抜けてしまった。
そんなはずは・・・・

190601_134632 fork (4)
なんてこと・・・・・・
片方にはスライダーが付いてないぞ

まさか?とアウターフォークの中を覗いて見ると・・・・
何か見える。まさかのスライダーかも
190601_134632 fork (7)
逆さまにして衝撃を与えると「上側のスライダー」が出てきましたが肝心の「下側のスライダー」は出てきません。

引っ掛けてほじりだす特殊工具を作るしかないかもと覚悟してたけど、とりあえずできることからやってみようってことで
190601_134632 fork (6)
熱膨張作戦

190601_134632 fork (8)
大成功!!!!!
出てきた!
これで出て来なければ丸一日悪戦苦闘してそれでも出て来なければフォークアウターの交換になるところでした。
よかったよかった。

190601_134632 fork (9)
本来はこのスライダーが付いているはず

190601_134632 fork (10)
所定の位置に取り付け

190601_134632 fork (11)
フォークオイルを規定量入れてレベルを確認して最後にオイルシールを

190601_134632 fork (12)
特殊工具で取り付けて

190601_134632 fork (13)
フロントフォークのオイルシール交換が無事終了。
追加作業が無かったので本当に
よかったよかった。

CT110 ハンターカブの前後タイヤの交換 曲がったスポークの修理 定番IRC「FB3 2.75-17」

CT110 ハンターカブの前後タイヤの交換。
タイヤ交換のためにホイールを外したのでついでに
190521 (4)
ブレーキ鳴きの予防とベアリングの点検

190521 (12)
リムは錆錆、リムバンドはちぎれかけ、伸びきっている

190521 (6)
パンク防止のためにリムはピカピカに

190521 (7)
リムバンド交換

190521 (8)
タイヤの「みみ」ビードが上がりやすいようにビードクリームを

190521 (1)
タイヤ交換。おっと!その前に・・・・

190521s (1)
スポークが曲がってる。

190521s (2)
無事修理完了。よかった。

続いてフロントタイヤの交換
190521 (14)
やはりリム錆錆

190521 (13)
リムピカピカ

190521 (9)
フロントのブレーキも鳴き防止とメーターギヤに給油脂

190521 (10)
フロントフェンダーの取付ボルトがゆるんでいたので増し締めを

2019070420342396cAAAA.jpg
前後タイヤ交換完成!

向こうが透けて見える、チェーンとスプロケット

IMG_20190209_112953.jpg
チェーンのリンクが固着していて真っ直ぐ延びていないので、チェーン調整をしようとしても、たるんでいる箇所とパンパンに張る箇所があって調整できない。

IMG_20190209_112900.jpg
チェーンとスプロケットの隙間から向こうが透けて見えるほどの磨耗。
プロフィール

フジホン

Author:フジホン
8月11日(日)~8月17日(土)までお盆休みをいただきます。
よろしくお願いします。
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
水曜定休
「バイクで毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる