19日きょうから仕事始めです。

18日(金)までお盆休みをいただいていました。ありがとうございました。
早速19日(土)のきょうから仕事始めです。
電話は珍しく一本も鳴りませんでしたが(嫁さんが電話が壊れてるんじゃないと自店に電話してたのには笑えました)来店がひっきりなしに集中して、しかも昼前には孫のお守りも(嬉しい悲鳴!
DVC170819sigot (1)
リード125のエレメント交換は0.3H。なんでかな?と思ったらサイドカバーを外さないといけなかった。カバーを浮かしてやろうとしても外したほうが早かった。ただ個体差があるんでしょうがシート下のセンターカバーが全然はまらなくて往生こきました。相当。

DVC170819sigot (2)
1万キロ弱のエレメント

DVC170819sigot (3)
プラグは「DENSO」が付いてた。
スポンサーサイト

大事にされてる初期DIO AF18の整備 4輪はプレジデントを大切に

買われたバイクも車も、とことん大切にされてますので、「もう買いかえられたらどうですか?」とは一生言えません。
DVC170806af18 (1)
今となってはほとんど見なくなった「初代DIO」。しかも白色。AF18のDIO

DVC170806af18 (2)
全開時に吹け切ってしまっているのと、アイドリングと中速域にかかるときに不安定なのが気になるそうで、今回は吹けきるほうの修理で、ベルトとローラーとスライドピースの3点同時交換です。

DVC170806af18 (3)
珍しい!ナットはどちらも14mmの頭。今はドライブ側は17mmが多いのに。

DVC170806af18 (4)
今となっては超!珍しい、7mm頭のボルトでプーリー裏がとまっています。今はこのストッパーさえも廃止されていて付いていないですね。
完成。
吹け切りも解消され、全開走行でも余裕が出るようになりました。

JA10 クロスカブ CC110のカスタム 延長リアキャリアの取付とボックス縦または横取付の見本

DVC170718rearcareer (1)
延長リアキャリアの取付

DVC170718rearcareer (2)
これを付けると、リアキャリアのスペースが有効活用できます。
タンデムシートを付ける方もいらっしゃいます。
下り坂での体重移動の有効スペースとしても。

DSC170720boxtateyoko (1)aa
ボックスの縦付見本

DSC170720boxtateyoko (2)aa
ボックスの縦付見本

DSC170720boxtateyoko (3)aa
ボックスの横付見本

DSC170720boxtateyoko (4)aa
ボックスの横付見本

DVC170720cc110kansei_20170730215113306.jpg
これですべてのカスタムの完成です。
お待たせしました。注意点が3点ほどありますので、のちほどお伝えさせていただきます。

「横浜まで帰るのでブレーキなど大事な所を点検してください」と来られました。

「近所のバイク屋で点検をお願いしたらここを紹介されました」と来られました。
なんとかしてあげたいけど20年選手でン万キロ走行のバイクなので「点検させていただいても予想外の所が壊れる可能性があります・・・・・」とお伝えして点検開始。
DVC170730spacy (1)
エアクリーナーの点検と足回りの増し締め等で左のカバーをはぐると

DVC170730spacy (4)
お!パワーフィルター
しかもホンダ純正(笑)

DVC170730spacy (6)
プラグがややこしいところに付いていて

DVC170730spacy (5)
エアクリとプラグは近日交換したほうがよさそうとお伝え。このプラグ抵抗が入っていなかったし。

DVC170730spacy (2)
ブレーキレバーのボルトなどのゆるみを増し締めして、最初から付いてなかったのか脱落したのかボルト類を取付けて

DVC170730spacy (3)
ブレーキワイヤーの取り回しが?、ワイヤーが短いのでここしか通すところが無かったのでしょう。引っ張りやあたりが無いことを入念に確認してこのままいくことに。
一見して色々ありそうだと予想していましたが、お客さんの予算と時間の中で一番いい仕上がりぐあいにさせていただいて、現状の状態を一つずつ説明させていただいて完成です。
「片道1000km近いんですよ」とおっしゃってました。
向こうで一回オイル交換、帰ってきてまたオイル交換ですね。お気をつけて行ってらっしゃい。

ホンダの入社試験にXS650で京都から東京まで下道で行ったのを思いだしました。深夜に出て昼前に着いたかな。

JA10 クロスカブ CC110のカスタム .SP武川 ヘッド ライト ガード(要加工) キタコナックルガードの取付

SP武川 ヘッド ライト ガード(要加工)
DVC170718cc110headguard (1)
ヘッド ライト ガードとヘッドライトケースを同時に装着するためにボルトを外から取付ようと思うと、内側の「ナット」に当たる部分が「ポトリ」と落ちてしまいます。ナットを手で押さえて先にケースだけ取付ようと思ってもガードとヘッドライトはケースと一緒に組みあがっていないといけないので物理的に無理。加工しないといけません。

DVC170718cc110headguard (2)
ナットが落ちないようにして

DVC170718cc110headguard (3)
無事に装着完了

DVC170720cc110hand_20170729210047c0b.jpg
キタコナックルガードはクロスカブ専用ではなくて汎用になるので、取付位置に注意しないとナックルガードが「フロントブレーキレバーのロック」に干渉してしまいフロントブレーキをかける度にロックがかかってしまいます。
充分な間隙をあけて取付完了です。

JA10 クロスカブ CC110のカスタム プロテック(PROTEC) シフトポジションインジケーター フルキット

プロテック(PROTEC) シフトポジションインジケーター フルキット
DVC170718cc110position (1)
6P、4Pカプラーに配線を割り込ませ、防水加工を。

DVC170718cc110position (2)
イグニッションコイルに割り込ませ

DVC170718cc110position (3)
センサーをフロントホイールに120度ずつずらせて取付

DVC170720cc110position (1)
ニュートラルなら「0」表示

DVC170720cc110position (2)
「1」速にいれると「1」表示

JA10 クロスカブ CC110のカスタム アンダーガードの取り付け エンデュランス製

KWSR様のクロスカブをカスタムさせていただきました。
最初はアンダーガードの取り付け。
DVC170718underguard (1)
エンデュランス製のアンダーガードで、このメーカーのいいところは「ノーマルのレグシールド」がそのまま装着できるところ。

DVC170718underguard (4)
ヘッドライトステーの下部にガードパイプの上端を固定

DVC170718underguard (2)
ガードパイプの下端をスキッドプレートの前部に固定。

DVC170718underguard (3)
スキッドプレートの後部はメインステップの固定ボルトに共締め

装着完了
DVC170723underguard (1)
純正レグシールドと同時装着できました。

DVC170723underguard (2)
スキッドプレートが完璧にエンジン下部やマフラーをガードしてくれています。
-つづくー

FIT GD1 アクセルを踏むとストールしそうになる。 8000円×8個を交換するか

アクセルを踏み込むとふけ不調になりエンストしそうになる。
DVC170716fit (6)
前回プラグを8本交換しているので今回はプラグキャップと一緒になっているイグニッションコイルの不調。
これも4気筒で8本付いていて。1本8000円が8本で64000円。
実は数か月後に乗り換え予定の車両。なんとかしなければ。

DVC170716fit (1)
ばらしてみれば

DVC170716fit (2)
白い粉

DVC170716fit (3)
白い粉

DVC170716fit (4)
白い粉

DVC170716fit (5)
スプリングもバラして。

DVC170716fit (7)
白い粉を落として・・・・・。
症状改善しました。
めでたしめでたし。

軽四の車検 きちんと整備して2万円車検 マツダフレア

DVC170722mazda (1)
マツダフレア

DVC170722mazda (2)
2年前にブレーキキットの交換済みなので、今回はオイルとオイルフィルターの交換のみのご依頼

DVC170722mazda (4)
スペアタイヤの空気圧も調整
エアコンフィルターは交換済み

DVC170722mazda (6)
で、無事終了かと思いきやブーツ破れ

DVC170722mazda (3)
ブーツ交換とスモールランプの球の交換で無事終了

スズキ レッツ4のカーボン噛みの対策部品の取付

DVC170710lets4 (4)
カーボンをバルブに噛んで信号待ち等でエンスト!しないようにするための「エンジンの温度をあげるための装置」の取付。
ベルトを耐熱タイプに取り換え

DVC170710lets4 (3)
ファンカバーの穴を塞いでエンジン温度の上昇。

DVC170710lets4 (2)
交換完了。お客様のご負担「ゼロ円」

PCXを押すとエンジンケースの中からゴーという音がする クラッチベアリングの交換

DVC170709pcx (1)
クラッチのベアリング不良でゴ~っとなってます。交換。

DVC170709pcx (2)
グリスが出ないようにするオイルシールの打ち込み。
手前の打ち込みに使った工具は、近所のユタニの関連企業さんに「CB750K0」のフロントホイールハブのねじ切り用に特別に作っていただいたもの。

N-BOXに社外フロアマットのフルセットの取付 純正よりも良いところが3か所

DVC170622 nboxmatfro
フロントのマット。
純正マットは、左のスロープ状のフートレストはカバーされてない。
これはフートレスト部分までカバーされている。
左右が一体ものなのでずれにくい。

DVC170622 nboxmatrear (1)
後部座席のマット。
純正マットは、スライドドアステップ部分のプラスティックのカバー部分までは覆われていない。
これは一番端まで覆われていてプラスティック部分に傷がつかない、乗り込む時に滑らない。

DVC170622 nboxmatrear (3)
同じ部分の画像

DVC170622 nboxmatrear (2)
滑り止めの下敷き付
純正は、この部分はむき出しのまま。

DVC170622 nboxmatrear (4)
同じ部分の画像

DVC170622 nboxmatrr
ラゲッジ(トランク)のマット
純正のマットには、これは付いていない。

一番心配したのは「におい」
輸入ものによくある、「のり」のにおいや「すっぱい」におい。
これは全く大丈夫でした。

オーディオレスのN-BOXにオーディオ取付 AMラジオが入らない

新車でも未使用車でも中古車でもオーディオレス車の納車には驚かされます。
  「ぽっかりの画像」
ダッシュにぽっかり穴が開いていて

穴をふさぐためにオーディオを取り付け。まず取付キットの入手から。カー用品ならエーモンが理想的

N-BOXもご多分にもれず ホンダ車の常で年式が違えば設変、設変のアラシで前期に付いたものも後期には付きません。

アンテナ線が今回該当して前期と後期ではカプラーが違うので取付キットも2種類出ています。
また用品やさんは年式で適合を決めることが多いのですが登録年月日がずれこんでいるとそれもあてになりません。
今回のエーモンさんの適合表が、年式とフレーム番号のずれがあったので特定できませんでした。
DVC170614n (5)av
このアンテナ線が丸いのと四角いのが有ってカプラーの形状が2種類有り、取付キットも2種類出ています。

DVC170614n (4)av
エーモンさんに直接教えていただいて、正しい品番のキットの手配

DVC170614n (6)av

DVC170614n (7)av

DVC170614n (8)av

DVC170614n (9)av

DVC170614n (10)av

DVC170614n (11)av

DVC170614n (13)av
上側のキットに付属のプラスネジと、最初から付いていた下側の5mmボルトを取り付けて固定完了です。

DVC170614n (12)av
取付完了ですが、何が起こるか分からないので「オーディオパネル」は、しばらくははめ込みません。かぶせてるだけ。

で、ラジオチェックすると、大好きなAMの「RCC」だけが全く入らない。NHKやFMは入る。アースは完璧。
嫁さんが「オートアンテナ線だよ~」と
DVC170619 n-aosen (1)av
電動上げ下げのオートアンテナは付いていないので青色のオートアンテナ線は不要と思っていたら現代の隠れた呼び名は「ブースタ電源線」
最近の小さなアンテナの性能を補うためのブースターの電源をこのオートアンテナ線がまかなってる

DVC170619 n-aosen (2)av
この青色の「オートアンテナコントロール出力線」をつないで「本名正憲のおはようラジオ」や「横山雄二のごぜん様さま」もばっちり入るようになりました。

N-BOXにバイザー取付 スモークバイザー 3Mテープと金具付

N-BOXにバイザーの取付
DVC170619n-viser (1)
取付金具の位置決めのためにバイザーを仮止め

DVC170619n-viser (2)
前扉に3か所ある内の一番前側の下。ここだけ長いステー。これは運転席側。ステーの位置決めは大雑把で大丈夫。バイザーを取り付ける時に、ステーがずれていても手で簡単に動かせます。

DVC170619n-viser (12)
これがその長いステー。穴にゴムを挿入しておく。これにスナップを「パッチン」と。

DVC170619n-viser (3)
前扉の残り2か所と後ろ扉の2か所のステーは短いもの。

DVC170619n-viser (5)
画像の順番が間違っていた。左から、スナップの次にバイザーが来てその次にゴムが来て最後にステーが来るのが本当の順番

DVC170619n-viser (7)
この画像の通り。ゴムは前もってステーに付けておく。

DVC170619n-viser (10)
ドアの段付きに沿ってバイザーを取付予定

DVC170619n-viser (11)
同じく形状が合うように段付きの通りに取付予定

DVC170619n-viser (8)
最初に3Mテープの当たる部分を脱脂しておく。3Mテープでバイザーをドアに接着する前にある程度の位置決めをして金具にスナップをパチっと止める。そのためにテープを少しだけ剥がして位置決めの手助けを。

DVC170619n-viser (9)
位置決めが確定してスナップをパチっと止めたら3Mテープを全部剥がして隅から少しずつ指で押して圧着していく。

これで完成

水曜日朝一 四輪の車検 夕刻納車

DVC170614syaken (1)
朝一に車検の引取に。いつもの水上スキー

DVC170614syaken (2)
納車前に大掃除

DVC170614syaken (3)
ダッシュボードも大掃除

水曜日の休みの一日でした。(手がこんなんだからねえ)
プロフィール

フジホン

Author:フジホン
12日(土)から18日(金)までお盆休みです。よろしくお願いします。
営業時間平日9時~夜7時
日祝10時~夜6時      水曜定休
「バイクで毎日が楽しくて楽しくて」
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる