CB400SFの車検準備

DVC170515cb400sf (1)
エアクリーナーケースのドレンに溜まっていたものを清掃

DVC170515cb400sf (2)
ウィンカーの面積が7cmcm以上あるのかどうか。検査官判断にゆだねると合否ぎりぎりアウト!なほどの面積なので、テクを使います。

DVC170516cb400sf (1)
フロントスプロケットの交換。よくちびてます。

DVC170516cb400sf (2)
チェーンの交換、水没かと思わんばかりのひどい錆び方。

DVC170516cb400sf (3)
リアスプロケットの交換。新旧の歯の摩耗

DVC170516cb400sf (4)
ピン抜き中

DVC170516cb400sf (5)
ジョイント部分のプレートを圧入中

DVC170516cb400sf (7)
ピンをカシメて

DVC170516cb400sf (6)
ピンのつぶれた量を測って基準値以上ならOK!

DVC170516cb400sf (9)
エアエレメントの点検はフューエルタンクの下。アプローチしにくいところに付いているのでおうじょうこきます。

DVC170516cb400sf (8)
エアエレメント良好

DVC170516cb400sf (10)
リザーバータンクのLLCの点検

DVC170516cb400sf (11)
エンジンオイルの点検

DVC170516cb400sf (12)
フロントブレーキのフルード点検

DVC170516cb400sf (13)
リアブレーキのフルード点検

DVC170516cb400sf (14)
減っていたリザーバータンクのLLCを補充
スポンサーサイト

国産エアーホースリールの修理 引き出したら戻らない センター側が破断 ドラム側もチギレかけ

DVC170508reel (1)
エアーホースリールが引きだしたきり戻らなくなりました。

DVC170508reel (2)
このセンターのシャフトと

DVC170508reel (3)
この渦巻きバネのスプリングとは

DVC170508reel (4)
このパーツでつないでありましたが破断してしまっています。

DVC170508reel (9)
国産のリールなので部品も供給されているだろうと安心していました。
ところがメーカーのHPを検索してみると、この部品もう手に入らないようです。

DVC170508reel (5)
それとは別に、あと渦巻きバネとドラム側の固定部分がちぎれかけて、外れやすくなっています。

DVC170508reel (6)
とりあえずドラムの外から溶接して修理

DVC170508reel (7)
センターシャフトと渦巻きバネとの固定金具は、壊れていた金具の破片を加工して、無事に接続完了。

DVC170508reel (8)
国産のエアーホースリールを、また使えるようになりました。

フロントフォークのインナーをプレスで挿入して、スナップリングの装着楽々

DVC170513af67 (1)
プレスで押し込めば楽々。プレスも色々改造して色んなシチュエーションに対応できるように

DVC170513af67 (2)
スナップリングも簡単に装着。

エンジンが走行中に時々止まる 部品交換に吊り下げステー

DVC170514cc110 (1)
エンジンが走行中に時々止まる、がすぐに何事もなかったようにかかりその後はしばらく再発しない。

DVC170514cc110 (2)
今回はエンストした時にはウィンカー等は点いていたということが新しく判ったので、今回は点火系と灯火系が別の2系統に分かれているメインスイッチの交換

DVC170514cc110 (3)
メインスイッチを外すにはフォーク、ステムを外さないと裏からの取付ボルトが取れない。
ハンドルの吊り下げに、つい最近 天井にステーを取り付け。
こりゃあ便利、もっと早くから付けてればよかった。今までは「梁」に苦労してぶら下げてたので。

DVC170514cc110 (4)
ヘルメットホルダーの取付ボルトはワンウェイボルトなのでゆるめるのが一苦労。

DVC170514cc110 (5)
リアサスも外してなんとか取れた。危うくリアホイールも外さないといけなかったところ。

広島ブログ

GROMのタイヤ交換 ミシュラン CITY GRIP

DVC170511tire (2)
純正装着タイヤは雨の日によく滑る気がするので他の種類のタイヤがいいとおっしゃって「ミシュラン」をチョイスされました。

DVC170511tire (1)
排水性のよさそうなミゾ

DVC170511tire (4)
ビードクリームを塗るのに

DVC170511tire (3)
この刷毛が一番使いやすい。

GW明け一番 グロムのリコール フューエルポンプの交換 「ガソリン満タン」じゃなくてよかった。

DVC170506 (1)grom
この前はガソリン満タンでしたが今回は半分ぐらいでした。よかった。
SCSカプラーをつないで初期化中。

DVC170506 (2)grom
ゆっくりした点滅になって完了です。

同じような修理が続くもので、フロントフォークのオイルシールの交換

同じ作業が続くことが、うちではよくありますが今回は機種も同じ
DVC170425 (1)
珍しい短いフロントフォークのオイルシールの交換

DVC170425 (2)
インナーを最初に抜いてから、オイルシールをアウターから抜く

DVC170425 (3)
組み込んで85.1ccの#10フォークオイルを入れる。

DVC170425 (4)
2kg・mで締めて終わり

54号にラビットが入庫してた。

DVC170427rabitto.jpg
54号に伝票を取りに行くと「お~!ラビットぢゃ」

18118856_920503238089194_1052170169121996841_n.jpg
「rabbit S301 maintenance‼︎タンクのクラック修理‼︎!」丸ちゃんのインスタから
大変な修理!

18194138_921766784629506_5772809835835618928_n.jpg
「今日もツーリング日和ですが、僕は走行テスト(笑)相棒はラビットちゃん♪コイツ意外と速い」丸ちゃんのインスタから
おつかれさまでした。

ドライブスプロケットのオイルシールからのオイルもれ カウンターシャフトのオイルシール

DVC170425 (9)
ここからのオイルもれ。自宅の床にオイルの「しみ」ができるそうです。

DVC170425 (10)
新品のオイルシールと交換。

DVC170425 (11)
と、ここでエンジンハンガーボルトが浮いていることに気づきました。2本で止まっている内の、後ろ側下側。

DVC170425 (13)
ここのボルトです。

DVC170425 (12)
ナット側が折れていました。

DVC170425 (14)
オイルシールの交換終了。一日経ってもオイルにじみは有りませんでした。

フロントフォークのオイルシールの交換 こんな小さいフロントフォークは初めて

DVC170420fork (1)
オイルシールはアウターに残ったままインナーパイプが抜けるタイプ

DVC170420fork (2)
打ち込み工具で打ち込み

DVC170420fork (4)
2kg・mで締め付け

DVC170420fork (3)
フォークオイル量 85.1cc

危ないあぶない 見つけられた

DVC170424punc (1)
後輪のパンクで来られました。バーストです。「前輪はどうですか?」と聞かれて、両輪共に交換になりました。

DVC170424punc (2)
ホイールベアリングがガタガタで今にも砕け散りそう。フロントホイールだけにベアリングがロックすると即転倒につながるので見つけられてよかったよかった。

CT110 ハンターカブ VIBESステッカー

DVC170418CT110 (1)
「Mねえ」のハンターカブのオイル交換中

DVC170418CT110 (2)
ハンターカブにも「VIBES」ステッカーが貼ってあります。

DSC_0001.jpg
この頃から「VIBESミーティング」などに「Mねえ」や「あにき」達と一緒に行ってました。
昔の「イベント資料」  まだ全部にリンクはつながってないけど。
(Infoseekがホームページ業から撤退したのでこのイベントのページが無くなってしまいました。復活させるのが大変。参った参った)

PCXにホンダ純正ナビの取付

DVC170323navi (1)
完全防水のホンダ純正ナビ

DVC170323navi (2)
さすが純正用品だけにスマートに装着できます。

よく効くパンク防止剤 きかない時も

DVC170416PUNC (1)
お客様が「パンクしたのでとりあえずパンク防止剤を入れた」

DVC170416PUNC (2)
こんなところに釘が。横にささっていると、液がまわりこんで塞いでくれないのでパンク防止効果が得られません。

DVC170416PUNC (3)
タイヤとチューブの隙間に溜まっていた防止剤がポタポタと落ちます。
DVC170416PUNC (4)
結構な量が入っているようで
DVC170416PUNC (5)
防止剤だらけになりました。

リムの清掃とタイヤ内部の清掃をしないといけなくなりました。こぼれた防止剤はすぐに拭き取らないと固まってこびりついてしまいます。

ホンダMCS診断機 FI車 50℃以上になるとエンストする時が多い。アイドリングが安定している時はアクセルを開けると時々吹け不調

DVCaf67 (1)
50℃を越えるとエンストしだす。が、ホンダMCS診断機には故障履歴は表示されていません。
念のためECUとかインジェクター関連をチェック

DVCaf67 (3)
スロットルバルブの汚れ点検

DVCaf67 (4)
汚れてる。スズキ車はここの清掃で直ることが多いので・・・

DVCaf67 (5)
きれいに清掃して・・・・
変化なし

エアクリーナーの点検、異常なし。プラグ交換しても変化なし。イグニッションコイルのターミナル部分も導通良好。ECUを交換しても変化なし。プラグキャップを浮かせるとエンストしにくい。
ふむふむ
プロフィール

フジホン

Author:フジホン
営業時間平日9時~夜7時
日祝10時~夜6時      水曜定休
「バイクで毎日が楽しくて楽しくて」
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる