FC2ブログ

パンク 東京海上のロードサービスで無料で入庫 タイヤバースト

佐伯区でパンクしたとお電話をいただいたので一番いい方法を相談させてもらって任意保険のロードサービスを使っていただくのが最善最安とわかりました
IMG_20190713_111827_20190714072957b38.jpg
タクシーだと4~5000円?ぐらいの距離でしたが無料で入庫

IMG_20190713_111845.jpg
パンクと聞いていたので見てみると

IMG_20190713_111837.jpg
バーストしてました。

IMG_20190713_123152.jpg
こりゃひどい。

IMG_20190713_123241.jpg
こんなの初めて見ました。

IMG_20190713_111801a.jpg
ここのレッカー屋さんのゲート長延長の工夫
スポンサーサイト

CRM50 特殊工具が無いのでプラグ交換ができない。クラッチケーブル廃番入手不可。スロットルケーブルも廃番

190711crm50 (8)
クラッチケーブルはとりあえず入手できたので交換。スロットルは作ってもらわないといけなかったので今回は見合わせに。他に入手可能だったスイッチ類は交換のご依頼でした。

190711crm50 (6)
一番大事なプラグ交換が通常の工具ではスペース的に無理で入らない。

190711crm50 (3)
上にあるホースやフレームや配線に当たってしまう。

190711crm50 (4)
このどれもが、頭がつかえて入らない。1cmほどカットすると使えるかもしれないのでカットしようかと思ったけど、今度プラグがゆるむとおそらく抜けなくなってしまいそう。

190711crm50 (5)
「NSRプロショップ」時代に重宝していたこの秘密兵器を思い出してキャディー中を探しまわるとあった。バーが水平なタイプはあった。バーが「ヘ」の時ノタイプも有ったんだが見つけられず。NSRのリアバンクのプラグ交換に最適だったはず。

190711crm50 (7)
よかった!無事にプラグ交換できた。

190711crm50 (1)
プラグの頭がはずれるタイプ。

190711crm50 (2)
昔はこいつをたくさん集めてアクセサリーを作った?作ろうとした?ような記憶が

をゐをゐ!なんてこった! F回りの修理 その二

190601_134632 fork (1)
フロントフォークからオイルがダダモレだったのでフォークのオイルシールの交換を

190601_134632 fork (2)
ステムからフォークを2本外して

オイルシールをチャチャっと交換して終わり・・・・のはずが
190601_134632 fork (5)
1本は通常通りインナーパイプを引き抜くのにオイルシールと一緒に「ガッコンガッコン」と引き抜きました。

190601_134632 fork (3)
もう一本を引き抜こうとすると・・・「スコーン」とオイルシールはアウターフォークに残ったままインナーだけ抜けてしまった。
そんなはずは・・・・

190601_134632 fork (4)
なんてこと・・・・・・
片方にはスライダーが付いてないぞ

まさか?とアウターフォークの中を覗いて見ると・・・・
何か見える。まさかのスライダーかも
190601_134632 fork (7)
逆さまにして衝撃を与えると「上側のスライダー」が出てきましたが肝心の「下側のスライダー」は出てきません。

引っ掛けてほじりだす特殊工具を作るしかないかもと覚悟してたけど、とりあえずできることからやってみようってことで
190601_134632 fork (6)
熱膨張作戦

190601_134632 fork (8)
大成功!!!!!
出てきた!
これで出て来なければ丸一日悪戦苦闘してそれでも出て来なければフォークアウターの交換になるところでした。
よかったよかった。

190601_134632 fork (9)
本来はこのスライダーが付いているはず

190601_134632 fork (10)
所定の位置に取り付け

190601_134632 fork (11)
フォークオイルを規定量入れてレベルを確認して最後にオイルシールを

190601_134632 fork (12)
特殊工具で取り付けて

190601_134632 fork (13)
フロントフォークのオイルシール交換が無事終了。
追加作業が無かったので本当に
よかったよかった。

CT110 ハンターカブの前後タイヤの交換 曲がったスポークの修理 定番IRC「FB3 2.75-17」

CT110 ハンターカブの前後タイヤの交換。
タイヤ交換のためにホイールを外したのでついでに
190521 (4)
ブレーキ鳴きの予防とベアリングの点検

190521 (12)
リムは錆錆、リムバンドはちぎれかけ、伸びきっている

190521 (6)
パンク防止のためにリムはピカピカに

190521 (7)
リムバンド交換

190521 (8)
タイヤの「みみ」ビードが上がりやすいようにビードクリームを

190521 (1)
タイヤ交換。おっと!その前に・・・・

190521s (1)
スポークが曲がってる。

190521s (2)
無事修理完了。よかった。

続いてフロントタイヤの交換
190521 (14)
やはりリム錆錆

190521 (13)
リムピカピカ

190521 (9)
フロントのブレーキも鳴き防止とメーターギヤに給油脂

190521 (10)
フロントフェンダーの取付ボルトがゆるんでいたので増し締めを

2019070420342396cAAAA.jpg
前後タイヤ交換完成!

向こうが透けて見える、チェーンとスプロケット

IMG_20190209_112953.jpg
チェーンのリンクが固着していて真っ直ぐ延びていないので、チェーン調整をしようとしても、たるんでいる箇所とパンパンに張る箇所があって調整できない。

IMG_20190209_112900.jpg
チェーンとスプロケットの隙間から向こうが透けて見えるほどの磨耗。

エアーカプラーのエアーもれ修理 補修部品の設定なし「チャック部分のゴムパッキン」

IMG_20190611_150341.jpg
チャック部分のゴムパッキンが劣化してくるとカプラーをつないでいても外していてもエアーもれが。
そのためにコンプレッサーがしょっちゅう回るのでうるさくてうるさくて。
ただ、ここのゴム部品は消耗部品なのに部品の設定が無いのでカプラー丸ごと交換しないといけなくて。
とりあえずその辺に転がってるゴム部品を加工して似たようなパッキンを作ってみたけど、
数回抜きさししただけで「シュ~」っともれてしまう。

IMG_20190611_150406.jpg
合いそうなゴムパッキンが、違うメーカーだけど一社だけ設定が有るようなのでとりあえず試しに20個ほど購入して全部のチャックをバラして交換。

IMG_20190611_150824.jpg
水につけて「ブクブクブク」大丈夫エアーもれ止まった。これでコンプレッサーがしょっちゅう回る音に悩まされずにすむ。
よかったよかった。

PS250のフロントフォークオイルシールの交換とタイヤ交換

IMG190618ps250 (1)
大切に乗られてるPS250。ホイールとフォークを外します。

IMG190618ps250 (4)
インナーパイプが抜けた途端、恐ろしい光景がにおいとともに

IMG190618ps250 (5)+
アウターの中もへどろ状の沈殿物が溜まっていて、それを除去するのと中をきれいに清掃するのに手間取りましたが

IMG190618ps250 (6)
インナー類もピカピカに

IMG190618ps250 (7)
アウターの中もピカピカに。

IMG190618ps250 (2)
オイルシールの打ち込み

IMG190618ps250 (11)
54号が小径パイプ用の打ち込み工具を準備してくれていました。
ありがたい。

IMG190618ps250 (3)
小径インナーパイプでも楽に打ち込めます。

IMG190618ps250 (8)
最後に、下のボルトを規定値で締めて交換作業は完了

IMG190618ps250 (9)
インナーアウター共にピッカピカになりました。もちろん中身も。

IMG190618ps250 (10)
タイヤ交換もあわせて完了しました。
これで気持ちよくお乗りいただけます。
よかったよかった。

ハイエーストラックのタイヤ交換 スペアタイヤキャリアの修理 ダイナ・トヨエース

IMG_20190618_153634.jpg
センターはまだまだヤマたっぷりだけどサイドが編摩耗しているのでタイヤ交換

IMG_20190620_075104.jpg
こんな感じでセンターは、まだまだ

IMG_20190618_154228.jpg
ホイールバランスもとって

IMG_20190618_161928.jpg
スペアタイヤとローテーションするついでにスペアタイヤを吊り下げているタイヤキャリアの修理。
以前左折する時に内輪差で前後輪の間にブラ下がっているスペアタイヤがどこかにヒットしてスペアタイヤが押された結果キャリアが変形したもよう。キャリアボックスも変形しているのでスペアタイヤのチェーンが下りにくくなっていたのを板金修理。

IMG_20190618_161934.jpg
ハンガー部分もへちゃげているので板金してホイールの穴にピッタリ合うように。

これで54号の丸ちゃんが岡山まで納車に行くのも安心!と思ったら今朝、午前中に「弾丸日帰り」でもう行ってきたあとだった。
まあよかったよかった。

F回りの修理 Fタイヤ、Fフォーク、オイル&オイルフィルター DS400その一

DS400のF回りの修理 Fタイヤ交換とオイル&オイルフィルターの交換。Fフォークはその2で
190601_134632 (1)tyre
Fタイヤ交換で最初にリムの点検で錆が多いので

190601_134632 (2)tyre
きれいになりました。

190601_134632 (3)tyre
チューブタイプのリムバルブ

190601_134632 (4)tyre
リム穴からチューブのバルブを引き出すには、この専用工具があれば楽チン

190601_134632 (5)tyre
ホイールバランスをとって完了。スポークの張りもベアリングもバッチリでした。

190602_104455filter (1)
オイル&オイルフィルターの交換は社外マフラーが干渉するので、ちと厄介。

190602_104455filter (2)
マフラーを、どうにかして無事に完了。
Fフォークは分解してびつくりはその2で

モンキーのオイルもれの修理とチェーン、スプロケットの交換

「駐車していると床に結構な量のオイルが垂れている。修理が可能ならついでにチェーン、スプロケットも交換して欲しい」との依頼
190525monkey (1)
キックシャフトのオイルシール

190525monkey (4)
シールの交換

190525monkey (5)
オイルもれ無しに

190525monkey (6)
チェンジシャフトのオイルシール

190525monkey (2)
オイルもれ無し

190525monkey (3)
無事にオイル漏れの修理が完了したので、チェーンスプロケットの交換も完了しました。
大切なモンキー、いつまでも永く乗れますね。
よかったよかった。

カブC125新色入荷 カブのフロントフォークの修理 ボールレースの打ち込み

IMG_20190606_142233.jpg
通常カラーのC125と一緒にNewカラーのグレーメタリックが入荷

IMG_20190606_142211.jpg
「パールカデットグレーメタリック」とてもきれいな色

カブの修理
IMG_20190603_154919.jpg
カブの修理でボールレースの打ち込み

IMG_20190603_163939.jpg
レースの底の部分にグリスを塗ると着底したかどうかがわかりやすい。ノギスで底までの数値を測っているけれど参考程度

IMG_20190603_163958.jpg
のぞいてみると、まだ着底していない

IMG_20190603_170426.jpg
打ち込み専用工具で

IMG_20190603_173354.jpg
専用工具があると便利。学生時代は大きさの合いそうなものを探し回っていた。大概はソケットのコマを使っていたような。

IMG_20190603_170447.jpg
無事着底

IMG_20190603_171751AABB.jpg
ハンドルロックを止める2箇所のボルトはブレークオフボルト

IMG_20190603_172835AABBCC.jpg
ボルトを締めていけば規定値でボルトが折れるようになってる。
いたずら防止のためで、こいつを緩めるのは大変

IMG_20190603_182000aa.jpg
ステムナットも専用工具が有ったので楽チン。トルク管理もしやすいし

IMG_20190604_095321.jpg
めざせ10万キロクラブを達成したバイクへの思い入れを、ひしひしと感じたので、
部品交換無しで修理修正が可能な所は修理で済ませ、その分を「機能パーツ」にまわすのはいかがでしょうか?
と提案させていただいて、機能パーツは全て新品に交換させていただきました。
よかったよかった。
[本店のブログ http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=03as ]

カブとカブとカブの修理

IMG_20190602_115444aa.jpg
カブの修理とカブの修理とカブの修理

IMG_20190602_115458.jpg
タイヤ交換

IMG_20190602_115627.jpg
カーボンがみの修理

IMG_20190602_170954.jpg
プラグのギャップが

IMG_20190602_115646.jpg
壊れたところの修理

ヒューズとヒューズボックス内で「雷 いなびかり」が・・・・バッテリーから本線へ12Vが来ない like a thunderbolt

IMG_20190525fusebox.jpg
バッテリーから本線へ12Vが来ない
バッテリーは12.6V有り異常なし
バッテリーからたどって行くとヒューズ以降に12Vが来ていないのでヒューズをチェックしても異常なし
ヒューズボックスを点検しても異常なし
断線を疑って配線をチェックしても異常なし
ヒューズを抜きさししても症状は変わらず
と・・・・


な、なんと・・・・・
ヒューズとヒューズボックス内で「雷 いなびかり」が
like a thunderbolt
青天のへきれき
ここが原因だった。

IMG_20190525fusebox (1)
他にも、この端子とバッテリー間の接触不良や、ターミナルのヒビや割れによる同通不良があるので点検して接点復活スプレー塗布して修理完了。
よかったよかった。

エアホースリールのエアー漏れの修理 国産の「日平機器 ハンディエアーリール HA-208N」

IMG_20190524_185701.jpg
最近、ひんぱんにエアーコンプレッサーが回るような気がする。エアー工具を使っていなくても1時間ごとに回ってるような。

IMG_20190524_185728.jpg
営業後にシャッターを閉めて「聞き耳」を立ててみると、どうやらこのリールの中からエアーの「シュー」って音がするので

IMG_20190506_150433.jpg
先代の時代から大事に使っている国産のメーカー「日平機器 ハンディエアーリール HA-208N」

IMG_20190506_152931.jpg
とりあえず「表」「裏」を間違えないように「ふた」を二分割してみると

IMG_20190506_153125.jpg
ホースからの漏れではなくて、回転部分のOリングからの漏れのよう

IMG_20190506_153100.jpg
Oリングを交換すれば直るのだが・・・・・

IMG_20190506_153947.jpg
専用のOリングを注文していても待てないのでとりあえず在庫にあるOリングからいけそうなものを選択

IMG_20190506_154328.jpg
ホースをつないで試してみると・・・・
「シュー」という音は鳴りやみました。
よかったよかった。

CT110 ハンターカブのチェンジペダルのボルトが折れて抜けなくなっていて

190518_164753.jpg
先日のオイル交換時にチェンジペダルのぐらつきを見つけて

190518_165303.jpg
ボルトが中で折れていた

190518_165456.jpg
ボルトの「ミゾさらえ」をしようと思ってもハンドル部分が当たってタップが回せない。

190518_165519.jpg
この工具の出番
プロフィール

フジホン

Author:フジホン
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
水曜定休
「バイクで毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる