FC2ブログ

店のシャッターのカギの修理 GWだけど自粛要請なのでどこへもいかずに

店のシャッターのカギの修理。キーの形状だけは「写しちゃダメ!」と言われています。
IMG_20200504_122400.jpg
屋外から見た鍵穴。屋内から修理を開始、鍵穴本体が落ちないようにテープで止めて

IMG_20200504_114805.jpg
内側から鍵穴本体を外して

IMG_20200504_114754.jpg
本体を分解してキーシリンダーもこのあと分解。シリンダ内部のピンやスプリングを色々と修理して
(キーのカット部分は隠して撮影

IMG_20200504_121849aa.jpg
キーシリンダーを元通りにはめて、本体も元通りに組んで、これで修理完了。
あとはシャッターに取り付けるだけ。
スポンサーサイト



ホンダN360でご来店 N-Ⅲ DELUXE

リトルカブのH様がN360で突然のご来店
IMG_20200423_141214.jpg
久しぶりに見るN360

IMG_20200423_135823.jpg
グリルからN-Ⅲ
IMG_20200423_134327.jpg
N-Ⅲ DELUXE

IMG_20200423_134250.jpg
シングルキャブ

IMG_20200423_134310.jpg
珍しい2スポークのハンドル。AMラジオ付、タコメーター無しの2連メーター。右下のCHGランプはアイドリングで点灯していて少し回転を上げると消えるタイプのはず(ホンダZ(NZ)に乗っていたので同じエンジンだった)

カブのパンクに「パンク防止剤」を注入 パンク予防のタフアップチューブ販売中止の代わりに

カブのパンクに「パンク防止剤」を注入 パンク予防のタフアップチューブ販売中止の代わりに
IMG_20200323_153736.jpg
パンク関係のトップメーカーの「マルニ」の製品



IMG_20200323_164202.jpg
この半液体が穴を塞いでくれる

IMG_20200323_164213.jpg

超難問。新車1年ほどで突然電源消失。バッテリ電圧は有るのに何も点かない。先ほどまでセルも回るし良好だった。

いきなりバッテリーが死んだ。つい先ほどまでセルも回っていたのに、急にセルはもちろんウィンカーすら点かなくなりホーンも鳴らなくなった。バッテリー電圧は12.5V以上有る。
手順通りバッテリーへの充電系統の点検をしゅくしゅくと、レギュレーターやジェネレーターを点検しても異常なし。
全て正常で原因わからず。バッテリーチェッカーにかけてようやくバッテリー不良にたどりつく(が新品バッテリーが一年ももたないの?)
IMG_20200311_151709.jpg
結局、可部の知り合いの販売店さんが半年ほど前からしきりに言っていたバッテリー内部不良のよう。
その原因がこいつ

IMG_20200311_151727.jpg
この隙間が原因でバッテリーが基準値以上に振動が与えられ内部が損傷するというもの。
可部のバイク屋さんもよく見つけたものと思う。

IMG_20200311_151840.jpg
5mm厚の緩衝材を三方に貼り付けて

IMG_20200311_151916.jpg
振動対策完了。バッテリーを新品に交換して、これで修理完了。

雨の日だけ時々止まる。パワーが出なくなることがある。

雨の日だけ時々とまる。と
高校のころDAXに乗っていた時に同じような症状を経験したことが有って、その時はプラグキャップのゴムの必要性を知らなくて外していたため雨により電気が逃げていた。
DSC_0021.jpg
似たような症状と見当をつけてプラグキャップから始めようとケルヒャーで水をブシュー
かける間もなく一発でエンスト

やっぱりキャップかなとキャップをプラグコードから外そうとすると
DSC_0020.jpg
キャップじゃなかった、プラグコードの損傷でそこから電気が逃げていた。
丁度プラグキャップとの境目付近

DSC_0018.jpg
交換して再度ケルヒャーでブシュブシュやっても、もう止まることなく完調になりました。

日本製じゃないエアーホースリールの修理 ホースを引き出しても止まらなくなった

IMG_20200609_183930.jpg
日本製じゃないので今回はこのホースリールは「お蔵入り」のつもりで外してバラしてみたら

IMG_20200609_183939.jpg
ストッパーを引っ張る「スプリング」が折れていた。
それで「ストッパー」が作動していなかった。

IMG_20200609_184224.jpg
スプリングを修理復活させて修理完了。
かつてのお蔵入りしていた日本製を復活させたので結局このホースリールは予備で置いておくことに

FUKIのキーマシンで予備キーの作成 ホンダの特殊な鍵、シャッター付マグネットキー

以前、ホンダの特殊カギのスペアキーを作ってもらおうと思って、ホンダ純正の元キーを近所のホームセンターに持ち込んだらメーカーのカギのカットはやりませんと。ジュンテンドー、コーナン、ダイキに行ってもどこもダメだったので自分でやるしかなくってフキのマシーンを使い初めることに(売れたバイクのスペアキーを作るだけなので絶対にモトはとれないけど背に腹は代えられない
IMG_20200607_161827.jpg
FUKIのキーマシンで予備キーの作成 ホンダの「磁石付の特殊な鍵」シャッター付マグネットキー



IMG_20200607_162023aa.jpg
カット後のバリ取り

IMG_20200607_162044.jpg
完成後のチェック

IMG_20200607_162131bbb.jpg
シャッターキー開閉の点検はカット前に実施済みで、これが最終点検
これで完成

PCX125のタイヤ交換 リムテープ付は手作業で大変

IMG_20200626_105854.jpg
リムテープが付いていない普通のタイヤ交換はタイヤチェンジャーでできます。

IMG_20200626_110020.jpg
タイヤチェンジャーがタイヤを傷つけることなくタイヤを脱着してくれます。


タイヤを外してくれてます


タイヤを付けてくれてます

IMG_20200607_112058.jpg
リムテープが付いているホイールは、チェンジャーのチャックに挟み込む時にテープがめくれてしまうのでチェンジャーを使うことができない。ので完全手作業になってしまう。タイヤレバー三本使いでリムに傷をつけずにスピーディーにタイヤ交換。

IMG_20200607_112110.jpg
リムテープ付のタイヤ交換


IMG_20200607_112123.jpg
今回はミシュランをチョイスされました。

IMG_20200607_114148.jpg
フロントタイヤの交換終了

IMG_20200607_114240.jpg
リヤタイヤも無事交換終了

200系ハイエースワゴン快適化計画 その14 開かない窓を小窓付きのスライド窓に、しかも「網戸付き」 2列目サイドウインドウ

HIACEWAGON (1)
運転席助手席以外は本来、はめ殺しの窓。換気もできないし「じゃあねバイバイ」もできない。
手前が今から付ける「小窓付き」

HIACEWAGON (2)
前側位置決めピン無し。手配
HIACEWAGON (3)
後ろ側も手配
IMG_20200603_182122.jpg
自動車ガラス屋さんにて無事取り付け完了。手前が外した「はめ殺し窓」

IMG_20200603_182244.jpg
これで「バイバイ」ができるし

IMG_20200603_182302.jpg
しかも「網戸付き」これからの季節に大活躍

200系ハイエースワゴン快適化計画 その13 ホイールハブキャップの作成

IMG_20200607_172216.jpg
ホイールにハブキャップが付いてなくて、なんか「お間抜け」

IMG_20200607_172713.jpg
作ろうとステンレスのものを買ってきて。
もちろん、すんなり付かない。
外から5mmをハブ側へ折りたたむ必要

IMG_20200607_172657.jpg
外周から5mmほどカットが必要
カットせずに折りたたみ

だが、それでは「ふち」の厚み分ホイールがハブにはまらなくなる。
(ハブ径106mm アルミの内径108mm ちなみに純正の鉄ホイールは106mmで隙間は無し)

IMG_20200611_164158.jpg
加工して

IMG_20200611_155610.jpg
昨日に引き続き残り3個完成

IMG_20200607_174432.jpg
完成。まるで純正のよう
IMG_20200607_174438.jpg
絶対こっちのほうがいい!自画自賛

IMG_20200611_171609.jpg

200系ハイエースワゴン快適化計画 その12 運転席のドア側にアームレスト取付 「右腕も休まる」

先日取り付けた「ハイエースワゴンの運転席にアームレスト無段階タイプ」
左腕は休まるけれど右腕には休まるところが無いのでドア側にもアームレストを取付。
左側と同じように右側の背もたれにも取付ようと思ったけどドアとシートとの間のスペースが無いので取付はできない
IMG_20200524_172042.jpg
なので、ドアに右腕が休まるところをつくる取付場所は、閉める時に持つ取っ手部分のエクボ

IMG_20200524_174013.jpg
型紙はこちら

IMG_20200524_172054.jpg
金属板をカットして

IMG_20200524_173825.jpg
パッドを取り付けて完了

IMG_20200524_173839.jpg
左腕に続いて右腕も楽チンになりました。

TDR250のタイヤ交換

20200531TDR250 (1)
いつ見ても素敵なF様のTDR250

20200531TDR250 (2)
Fタイヤの交換です。

20200531TDR250 (4)
フローティングディスクなのでアダプターをフローティング用に替えてバランス取り

20200531TDR250 (3)
ホイールバランスも「OK」

20200531TDR250 (6)
交換完了。

20200531TDR250 (5)
最後に最終点検のために試乗に行きます。懐かしの2ストパラツインの音。
修理中に気が付いた点を2点ほどお知らせして終了です。お待たせしました。


最高です。

200系ハイエースワゴン快適化計画 その11 運転席にアームレスト無段階タイプ取付 オデッセイ無段階

GW休みですが「外出自粛要請」も出ているのでとりあえず会社のピットでごそごそ。
ハイエースワゴンの運転席にアームレスト無段階タイプ取付。オデッセイのアームレストと取付部を付けます。

20200429hiaceArmrest (2)
ノーマルシートにはアームレストは付いていません。
2~4列目シートの時と同じにシート表皮をはぐります。

20200429hiaceArmrest (1)
その時と同じで、シート後ろの下側の上下の表皮をつないでいるクリップ3個を外します。

20200429hiaceArmrest (4)
前側へ引きずり出して

20200429hiaceArmrest (5)
表皮をめくり上げる

20200429hiaceArmrest (6)
後ろ側も同じ、スポンジを押さえつけながらめくり上げるとやりやすい。

20200429hiaceArmrest (7)
ここへアームレストの金具を取付。位置決めですべてが決まるので慎重に

20200429hiaceArmrest (8)
この金具を取付る

20200429hiaceArmrest (9)
アームが付くとこんな感じになるはず

20200429hiaceArmrest (10)
4か所取付穴がある内の「前の下」を仮固定。ちょうど6.5mmの穴があったのでそこに付けてみる

20200429hiaceArmrest (11)
位置が決まったのでマジックで丸が三つ

20200429hiaceArmrest (12)
秘密兵器 「ドリルで穴開け時の鉄粉切粉を室内に散らさないぞ!」君(長い名前やな





無段階調整のアームレストの様子

20200429hiaceArmrest (29)

ボルト部分にキャップをかぶせて完成。
まるで純正のような仕上がりに大満足(自己満足)

2020/4/10 朝一車検3台 ヘッドライトと排気ガス検査の測定 250ccの新規登録と一緒に 「ごとうび」の本日定休日

ヘッドライトの光軸と光量が店のテスターでギリギリが1台、排ガス検査が店のテスターでHCがギリギリCOが楽勝だのにどうも排ガスが濃いそうなのが1台、と店の騒音測定器で騒音値がサイレンサーの巻き直し以外は無問題なのが1台の計3台の車検。
朝一に行かないと今日中に終わらないかもと9時入場目指して早起きして陸事へ

前日の店での測定の様子
IMG_20200409_131203 (1)a
プローブを入れて測定開始
IMG_20200409_131222.jpg
自動車整備振興会で きちんと校正済の2代目排ガステスター
IMG_20200409_131412.jpg
HCの2000ppmが条件が悪くなれば規制値を超えてしまいそう。COO値は楽勝なのにピット内は気分が悪くなりそうなくらい排ガスくさくてテスターが壊れてるんじゃないかと思うほど。

IMG_20200410_091532 (1)a
ハイエーストラックに3台積んで陸事に到着
IMG_20200410_094110.jpg
テストセンターでヘッドライトの光軸を再確認してもらってから受験
無事合格
IMG_20200410_095657 (1)a
排ガスの数値も店での数値とは狂いなく
無事合格
IMG_20200410_100522 (1)a
マフラーの音量測定も無問題で
無事合格

IMG_20200410_101750.jpg
継続検査の書類も3台とも交付されて無事終了。本当は軽自動車の継続検査も1台入れるはずだったけど万が一2輪で手こずると困るので今回は見送ることに
IMG_20200410_101700.jpg
250ccの新規登録も車検のラインに入る前に提出しておいたので交付完了。あとはナンバーをもらって帰ります。

IMG_20200410_105153.jpg
陸事の仕事は早く全て終了したのでご褒美に観音マリーナまで海を見に

IMG_20200410_142537.jpg
昼過ぎには戻れたので休日の本日のお昼ごはんはビア付き。
そしてこのまま晩ごはんまでお昼ごはんは続きました。

メインスタンドがブラブラしている。スプリング自作特殊工具。2サイクルジョグSA01J。

IMG_20200129_152811.jpg
メインスタンドの穴が拡大している

IMG_20200129_152818.jpg
ブラブラしていたメインスタンドがひっかかって障害物にヒットし、曲がってしまった。

IMG_20200129_152915.jpg
心配していたのはシャフトの貫通しているエンジンのクランクケースの穴の摩耗。どうやら無事のよう

IMG_20200129_152924.jpg
シャフトの摩耗。溝ができている。

IMG_20200129_153040.jpg
スプリングも若干伸びているよう。

IMG_20200129_153309.jpg
スタンドスプリングをはめるスライド式の自作の特殊工具。フック式の引っ張って引っ掛けるタイプよりもはるかに使いやすい。自画自賛
プロフィール

フジホン

Author:フジホン
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
長らく水曜定休でしたが2020年から「5」と「10」の付く「ごとおび」が定休日となります。
「バイクでわくわく毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる