FC2ブログ

アドレスV125 スズキ車の弱点 スターターリレー

セルボタンを押しても「カチカチ」いうだけでセルモーターが回らない。
診断せずに「バッテリーが弱いからだろう」と思って充電をして・・・・
DVC180908v125 (1)
こちらが原因でした。

DVC180908v125 (2)
スズキ車のウィークポイントの「スターターリレー」
他機種のを流用しようとしてみtっても50ccのリレーとは違うし大型バイクのリレーとも配線が1本多くて違うし・・・

DVC180908v125 (4)
配線図で見てみると1本多いのはメインスイッチに持っていけばすむこと。

同じなら
DVC180908v125 (3)
非分解タイプ。どうせダメなリレーなのでばらしてみよう

DVC180908v125 (5)
分解のアプローチを間違えて違うところも削ったり

DVC180908v125 (6)
接点はこの箇所に

DVC180908v125 (7)
分解タイプと同じように、接点を清掃すればセルモーターが回ったが防水防塵がしっかりできないので要交換
スポンサーサイト

CB1300SFのキャブ清掃

DVC180906cb1300 (1)
キャブ清掃 ジェットの詰まりを掃除してフロートもきれいにして

DVC180906cb1300 (2)
スロージェットとメインジェットを取り付けて

DVC180906cb1300 (3)


DVC180906cb1300 (4)
フロートも付けて完了

バルブ摺り合わせ エア式バルブラッパー うなる「タコ棒」ぶるるるる

DVC180906 (1)valve
手で摺る「タコ棒」とエア式タコ棒。54号は手の「タコ棒」も使っているよう。

DVC180906 (2)valve
バルブコンパウンドの中目と細目。先代からの一生モノ。何故か2セットある。2セット目も少なくなってきてる。どんだけ摺り合わせをしてるのか。

DVC180906 (3)valve
エア式タコ棒

DVC180906 (4)valve
うなる「タコ棒」ぶるるるる

DVC180906 (5)valve
すぐに0.6~0.7巾ぐらいに
これで下準備完了

1万キロの定期交換部品 プラグ こんなことが・・・端子折れ

DVC180901olugcap (1)
1万キロの定期交換でエアクリーナーと一緒にプラグを交換しようとしたところ、プラグキャップが力をいれなくても「スポン」と簡単に抜けてしまって

DVC180901olugcap (2)
プラグキャップ内のスプリングが端子を咥えているのではなくてキャップのゴムで止まっていただけなので簡単に抜けてしまったよう

DVC180901olugcap (3)
キャップに残った端子はどうやっても抜けず、プラグキャップも交換しないといけなくなって

DVC180901olugcap (4)
壊れてもいいのでキャップをばらして、端子がとれました。

スカイウェイブ650の車検 エアクリーナーの点検

エアクリーナーの点検
DVC180830sukabu (1)
フューズボックスの奥にある

DVC180830sukabu (2)
4輪のエアエレメントと同じように、スクリューには脱落防止

DVC180830sukabu (3)
清掃できずに交換するタイプ

Z2のタイヤ交換 完成後の点検試乗 ズギュギュギュギューと発進

DVC180825z2 (7)
70年っぽい「Z2」

DVC180825z2 (1)
リアホイールのリムが油っぽいのは「自動チェーンオイラー」標準装備だから自然にオイルがチェーンに給油されるから。
当時、CB750にも装備されてたはず。バイアルスTL125にはスイングアームに装備されていて自分でナットをゆるめて給油するタイプ。高校時代に姫路から堺まで、オイラーのナットをゆるめたのを忘れてそのまま走行していて、堺の友人宅に着いた時にはリアフェンダーからナンバーの裏からウィンカーからおまけに服の背中までビチャビチャのドロドロになった思い出がある。

DVC180825z2 (2)
ロードモデルだのにビードストッパーがリアには2個付いている。タイヤがずれるよじれるほどのハイパワーマシンの証し。

DVC180825z2 (4)
ビードヘルパーが大きすぎて使えないので代わりにチェンジャーのガイドで押さえておいてハンドで組み込み。
チェンジャーでオートでやるには危険すぎる

DVC180825z2 (3)
TT100GPのチューブレスを入れるので、ビードストッパー2個とリムバンドとチューブの口金を一度にやるのはおうじょうこきます

DVC180825z2 (5)
無事に終了。気持ちよく試乗。


発進時はズギュギュギュギュギュと独特のスタート音

DVC180825z2 (6)
完成!1週間分の仕事をした感じ。

18/8/17 お盆の軽自動車検査協会で軽トラの車検

18/8/17 お盆の軽自動車検査協会で軽トラの車検
DVC180817rikuji (1)
いつもの水上スキー。だけど停泊したまま。

DVC180817rikuji (2)
もう1台が出動。さっきのボートが全然動いてなかったのでレスキュー?

DVC180817rikuji (3)
漕艇部が練習中。気持ちよさそう

DVC180817rikuji (5)
車体番号の確認をしてもらって。
きのう車検の下調べ中に気づいたけど、ハンドルを寝かせてるのでシートが上まで上がらない。車台番号は充分読めるので問題ないけど。

DVC180817rikuji (6)
排ガスとトーインの検査のあと、スピードメーター40kmの誤差とヘッドライトの光軸と

DVC180817rikuji (7)
ブレーキとサイドブレーキの検査

DVC180817rikuji (8)
リフトで車体ごと上に上げてもらって、下回り検査と車種によってはエンジン型式の確認


「高い高い」から下りてくるところ。

DVC180817rikuji (9)
陸事の方の車検ラインはいつも通り、計測コースは看板の辺まで並んでます。

DVC180817rikuji (10)
超スムーズ。さすがにお盆ガラガラです。

DVC180817rikuji (11)
あとは書類を待つだけ。

DVC180817rikuji (12)
こちらから検査書類が出ます。

DVC180817rikuji (13)
予定ではセイリングカヤックを積んで陸事に行って、車検の時だけカヤックを下ろして、車検合格後再度積み込んで、ここ観音マリーナに来る予定でしたが残念。

モンキーのフレーム修理 AB27モンキーのエンジンハンガー部のヒビ折れ割れ

チェンジをするごとにエンジンが揺れていた原因がわかりました。
DVC180422monkey (1)
ばらしてみると

DVC180422monkey (2)
絶句!言葉にならない!

DVC180422monkey (5)
ノーマルエンジンの通常使用でこんなことになるとは

DVC180422monkey (3)
もうモンキーの新車は入手不可なので、これからも永く乗っていただくために修理を。

DVC180422monkey (4)
フレームを裸にして

DVC180422monkey (6)
エンジンのマウント部分も補習が必要

CB400SFの車検 エアークリーナーの状態、取説のおすすめキロ数の半分のキロ数でコレ 交換工賃は無料です。

DVC180716cb400 (4)
車検の項目通りエアクリーナーの点検中。

DVC180716cb400 (1)
取扱い説明書では「4万キロごとに交換」となっています。

DVC180716cb400 (3)
まだまだその半分の距離でこの状態。
取説通りに交換してると大変なことになりそうです。
オーナーさんに連絡して交換させていただきました。
当店では車検の点検項目に入るので交換工賃は無料になります。

DVC180720cb400.jpg
スムーズに車検合格しました。

白木山裾野の林道で、転倒しただけでカムチェーンが外れた原因がわかりました。

白木山裾野の林道で転倒してエンジンがかからなくなった時のペー
とりあえずヘッドをバラそうとしてカムチェーンが外れているのを発見した時のページ

カムチェーンが外れた原因がわかりました。
DVC180618smadio (1)
カムスプロケットの部分でもカムチェーンが浮きます。ピーンと張ってないといけないのに。


手ではずれるぐらい ゆるゆる!

DVC180618smadio (2)
カムチェーンテンショナーの不良だろうな?と軽く考えてテンショナーを外してみると
・・・・・・
DVC180618smadio (4)
カムチェーンテンショナーの最大長は異常なし、正常なテンショナーと同じ値でした。

DVC180618smadio (5)
カムチェーンの状態を確認してみると。カムチェーンテンショナーの最大長よりも深く押さないとカムチェーンが張りません。
カムチェーンガイドは両方とも異常なし。あとはケムチェーン本体の伸びだけ・・・・・

DVC180618smadio (3)
これだけカムチェーンが伸びてました。
原因は、オイル管理が悪かったためにカムチェーンが摩耗しカムチェーンの全長が伸びたために、カムチェーンがカムスプロケットから外れた!
でした。

DS400 ドラッグスター400 スラッシュカットマフラー付 高回転のみ片肺

スラッシュカットマフラー付
高回転のみ片肺
よくあるのが「ふんづまり」
社外マフラーがうるさすぎるので消音効果を高めるためにグラスウールを巻きすぎたために起こる不調
グラスウールの「巻き」をゆるめても症状変わらず。
念のためノーマルマフラーに交換して試してみても症状変わらず。
修理続行のために、このままうるさくないノーマルマフラーで。
電気系と吸気系の「あたり」をつけてから、先ずキャブの高回転パートの点検。
DVC180604ds400 (1)
メーターとタンクを外してキャブにアクセス

DVC180604ds400 (2)
フロント側のキャブ 「ビンゴ」

DVC180604ds400 (3)
フロートチャンバーにも異物

DVC180604ds400 (4)
MJもふさがり気味

DVC180604ds400 (6)
ジェット類を清掃して完了。組み込みして試乗してみると
最高の高回転域が戻ってきました。
3枚目の画像で気付いたのがキャブとシリンダーヘッドをつなぐインシュレーターのヒビ。
ユーザーさんのお代金等のご希望も有ったので「このヒビ割れが進行すると、近い将来アイドリング不良などの兆候が出ます」とお伝えして
今回の修理は終了。

ヤマハ トリシティーのエンジン部分のリコール ゆるんではいけないナット

DVC171124tricity (3)
3輪バイクといっても前輪が2輪になっているだけで、ホンダのジャイロの3輪とは違ってエンジン部分は2輪のバイクと同じ仕組みです。

DVC171124tricity (1)
ゆるんでは、いけない部品

DVC171124tricity (2)
奥までしっかりと締まっていないように見えますが、これが正解。トルクレンチでトルク管理をしっかりとして完了

「カブと共に60年」 リトルカブ50周年記念 タイヤ交換(リムの錆び掃除)

「カブと共に60年」
DVC170911cub (0)
50周年記念のリトルカブ(大好きなC100カラー)
前後タイヤ交換
DVC170911cub (1)
リムバンドもよれよれで内側パンクの恐れ有

DVC170911cub (2)
チューブも錆錆

DVC170911cub (3)
リムも錆錆
このまま組むとパンクする恐れがあるので

DVC170911cub (5)
研磨研磨。すごく時間がかかるけど

DVC170911cub (7)
錆止め塗装をして完成

DVC170911cub (8)
反対側のホイールも錆錆

DVC170911cub (9)
ピカピカにして塗装

CB1300SFの車検でヘッドライトの光量不足 反射鏡の焼けによる劣化

DVC180118cb1300 (1)
O様のCB1300SFの車検の受検前に54号のヘッドライトテスターで測定したところ、ヘッドライトの光量不足。
反射鏡の焼けによる劣化が原因でした。

DVC180118cb1300 (2)
裏ワザを使おうと思いましたが新品に交換しないと、どうしようも無かったです。

ヘッドライト 黄ばみ 除去 プラスチックレンズの曇り取り

DVC180529 (1)af62
前がみえないほどの黄ばみだったヘッドライト

DVC180529 (2)af62
とりあえず一番目の細かいやつで5秒ほどこすると、きれいになりました。一台で10秒!
プロフィール

フジホン

Author:フジホン
10月7日(日)結婚式のため臨時休業させていただきます。
よろしくお願いします。
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
水曜定休
「バイクで毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる