FC2ブログ

メインスタンドがブラブラしている。スプリング自作特殊工具。2サイクルジョグSA01J。

IMG_20200129_152811.jpg
メインスタンドの穴が拡大している

IMG_20200129_152818.jpg
ブラブラしていたメインスタンドがひっかかって障害物にヒットし、曲がってしまった。

IMG_20200129_152915.jpg
心配していたのはシャフトの貫通しているエンジンのクランクケースの穴の摩耗。どうやら無事のよう

IMG_20200129_152924.jpg
シャフトの摩耗。溝ができている。

IMG_20200129_153040.jpg
スプリングも若干伸びているよう。

IMG_20200129_153309.jpg
スタンドスプリングをはめるスライド式の自作の特殊工具。フック式の引っ張って引っ掛けるタイプよりもはるかに使いやすい。自画自賛
スポンサーサイト



200系ハイエースワゴン快適化計画 その10 助手席シート「フル」リクライニング加工

自分的には助手席シートの「フル」リクライニングはそんなに必要ないだろうと思ってほうっておいたら
20200218101309_p.jpg
サーフィンの前泊に使用することのある娘から「なんでリクライニングせんの?」と言われたので加工することに
運転席はフルリクライニングするのですが・・・・・助手席はちょっとしか倒れない

20200206hiace助手席 (2)
カバー類を外すので手っ取り早い所から。でも・・・・・・

20200206hiace助手席 (3)
ここは外しても関係なかった。

20200206hiace助手席 (4)
最初にシート丸ごとをフロアのベースから外して

20200206hiace助手席 (5)
左側のリクライニングレバーのカバーを外します。後ろ側にスクリュー1個と

20200206hiace助手席 (6)
レバーの下にスクリュー1個

20200206hiace助手席 (8)
レバーのプラスティック部分はわざわざ外さなくても上手にやればカバーから抜けます。これは左の外側のカバー

20200206hiace助手席 (7)
外したカバーを裏側から見たところ。上部にある突起が下に向いていてそれを外す必要あり。これは右の外側のカバー

20200206hiace助手席 (9)
次に左右にある内側のカバーを外すには、このOリングを外して上からと下からのシート座面最後部の表皮をめくらないといけません。めくって見えてくる黄色いスポンジを内側に寄せて内側カバーを内側にスライドさせて外す

20200206hiace助手席 (10)
Oリングをペンチ類を使って開きます

20200206hiace助手席 (11)
Oリングを開いてくるりと穴から外し、表皮をめくるとスポンジが見えてきました

20200206hiace助手席 (12)
内側カバーは、この後ろ側のスクリュー1本で止まってるだけ。あとは、先ほどの右の外側のカバーのように最上部に下向きの突起がシートステーにはまっている

20200206hiace助手席 (14)
スポンジを思いっきり内側へ寄せてカバーを内側へ。ただ最上部の下向きに生えてる突起がなかなか外れない。とにかくカバーを上に押して外すしかない

20200206hiace助手席 (18)
外れた

20200206hiace助手席 (19)

ドライバーの先端の中ほどのしたにあるこの長方形の穴にはまる

20200206hiace助手席 (20)
これはカット後の画像なのであとさきになるけど、このフックも取り外さないといけない

20200206hiace助手席 (13)
このとんがり帽子をカットします。

20200206hiace助手席 (16)
カットしました

20200206hiace助手席 (15)
カットした破片

20200206hiace助手席 (17)
取付ける前にリクライニングするかの確認

20200206hiace助手席 (21)
フルリクライニングするようになりました。.
ボソっとひとこと「これほんまに必要あんのかなあ?」

CC110 クロスカブ 作業灯の取付 リレーをかましてバッ直 10W×2

作業灯の取付けのご依頼です。
IMG_20191226_105430.jpg
このバッテリー
IMG_20200129_165714.jpg
先ずバッ直から。バッテリーのプラス、マイナスに直接配線を付けて

IMG_20200129_165746.jpg
次に手元のオンオフスイッチを取付。ミラーホルダーが邪魔をしていてスイッチ取付に無理が生じるのでホルダーを最左側へ移動させてから取付

IMG_20200129_165720.jpg
バツ直と手元のオンオフスイッチをつないで

IMG_20200129_165703.jpg
このスペースに他の配線やリレー類の取付の様子見、構想を練ります

IMG_20200202_143843.jpg
ワンオフでメインスイッチの取付ステーの製作

IMG_20200202_165719.jpg
ワンオフでの取付ステーの完成。これから塗装でどぶ漬け並の極厚塗装を行います。

IMG_20200201_110755.jpg
ステー取付でバイク本体に傷がついて塗装が剥がれてはいけないのでゴムシートを取り付け

IMG_20200201_135039.jpg
作業灯の配線に延長配線をハンダ付けして防水加工

IMG_20200203_170948.jpg
バッ直の配線図。誤作動によるバッテリー上がり防止のためにメインスイッチ配線を一番安心な緑線に取付

IMG_20200203_142156.jpg
カバー内にメインスイッチの配線やリレー、フューズ関係なども収納

IMG_20200203_143832.jpg
配線類の最終仕上げ。防水加工も併せて行ない
カバーを付けて終了

のはずが・・・・
IMG_20200203_183823.jpg
指の向こうに見える黒色のフロントカバーの取付に苦労することに。黄色いカバーを先に取付けてしまうと、本来は黄色いフロントキャリアステーの間からフロントカバーを差し込めるはずが、黒い後付けキャリアが付いていてスペースが少なくなっているので上から挿しこむことができなくなり、再度黄色いカバーを外して工夫して取付けないと

IMG_20200204_144528.jpg
で、作業灯の取付完了。

CC110 クロスカブ スロットルボディーの交換 SP武川のビッグスロットルボディーキット

IMG_20191224_131749.jpg
昔でいうところの「ビッグキャブ」みたいなもの
IMG_20191224_155525.jpg
口径が全然違う
IMG_20191224_155545.jpg
IMG_20191224_155936.jpg
補機類を新しいほうへ組み替え
IMG_20191224_160300.jpg
IMG_20191224_160734.jpg
IMG_20191224_161125.jpg
IMG_20191224_180637.jpg
エアクリーナーを取り付けて完了
IMG_20191224_181533.jpg
初期化中
IMG_20191224_181800.jpg
初期化中
IMG_20191224_182154.jpg
初期化これで完了
パワーアップは?
装着後直ぐの試乗では体感できず。
後日、オーナーの方が結構な距離を走行されて「ECUの学習機能の学習が完了」した途端パワーアップしたとのこと。
今まではフロント1丁上げてるので上り坂で4速では加速しにくかったのが、ノーマルスプロケット時並に加速するようになったそうで、
パワーアップを実感!とても喜んでおられました。

3輪トリシティーのプラグ交換エアクリーナーの交換オイル交換 1万キロ越えでの定期交換のご依頼

IMG_20200123_145848.jpg
プラグの取付位置をバイクの右前から見たところ。右手でアプローチしようと思っても手が入りづらくてつかめない。
IMG_20200123_150002.jpg
CR7Eのプラグ。ユニバーサルのプラグレンチや短いタイプで一瞬緩めることはできたけど回すことができない。
IMG_20200123_150103.jpg
PCXのeSPのプラグがセンタースタンド使用時には外しにくい時に作ったプラグ回し工具。今回これが活躍するとは思わなかった、ありがたやありがたや。
IMG_20200123_145905.jpg
右利きなので左手ではうまくいかない。けど左手作業しか方法がないのでこちらの方法で、ゆっくりゆっくりと回していく。

KTMのパンク修理

IMG_20200121_113746.jpg
パンクの箇所を特定して
IMG_20200121_114300.jpg
「ニシノ式」の治具を打ち込み。治具に「ノリ」を塗った「弾」を挿入。この「弾」を今から「治具」の内部へ押し込む
IMG_20200121_114547.jpg
治具を引き抜くと「弾」は「カリ」の部分がタイヤの内側にひっかかりタイヤに残る。「ノリ」の加硫によってと「弾」とタイヤがひっつく
IMG_20200121_114616.jpg
余った「弾」の先っちょを5mmほど残してカット。 再度「ノリ」を周りに塗って「ゴジラ君」で熱を加えてしばらく放置して終了。

GROM グロムのタイヤ交換 リムにリムステッカー付

IMG_20200118gromTYRE (2)
グロムの前後タイヤの交換。全然ま摩耗していませんが今回はミシュランに。

IMG_20200118gromTYRE (1)
リムステッカーが付いているのでタイヤチェンジャーでリムをチャックして固定するときに非常に気をつかいます。

IMG_20200118gromTYRE (3)
完成。なかなか迫力のあるフォルムになりました。

バイク車検 光軸はOK。照度ヘッドライト光量不足で合格しません。ヤマハ車TDM850 広島バイク

車検に行く前に、うちのテスターにかけてみると全く光量が足りません。右なんか半分以下です。
DVC130211t (4)AA
ハイワッテージバルブを取り付けてどうこうなるレベルでは無いのでリレーを取付けます。
FZR等、ヤマハ車のほとんどがリレーをかまさないと合格しないのが実情です。
DVC130211t (2)
ヘッドライトリレーをバッテリーに取り付けます。このバイクのバッテリーはタンクの下にあるので大変です。
DVC130211t (3)
リレー直のソケットを取り付けます。
DVC130211KUDO.jpg
このようにすごく明るくなりました。

200系ハイエースワゴン快適化計画 その9 肘掛部分の「スキマ埋めクッション」隙間パッド セリアで販売

IMG_20200109_173009.jpg
セリアでしか売ってない隙間クッション。うちの5km圏内の近所にはセリアが無くてお正月に市内に行った時にそごうの一画に店舗が有ったのでそちらで購入

IMG_20200109_173015.jpg
隙間を埋める!小物が落ちない!
IMG_20200109_173036.jpg
シートとセンターコンソールの間に物がよく落ちる。特にハイエースのようにシートの下にエンジンがあるタイプはシートとフロアーの隙間がほとんどないので落ちてしまうと取れない
IMG_20200109_173116.jpg
シートとコンソールの間にはめ込むだけ
IMG_20200109_173200.jpg
これで隙間にモノが落ちなくなる

CB750 RC42 エンジンガードPROSMANのリヤガードの取り付け

SANY110205 (2)
PROSMAN社のリヤガードを付けさせていただきました

SANY110205 (1)
ばっちりガードしてくれます

SANY110205 (3)
エンジンガードに加えてリヤガード装着で更にばつちり

SANY110205 (0)A
楽しんで乗ってくださいね

FIRE STORM VTR1000Fの不調 片肺気味 ピークボルテージアダプターで電気系のチェック 異常なし

SANY1818.jpg
FIRE STORMが、何やらおかしいらしいです。
軽くスナッチすると非常にツキが悪いです。
どうも片肺のような。

SANY1830.jpg
まずプラグの点検から

SANY1833.jpg
プラグを見てみますと、真っ黒です。

SANY1834AA.jpg
テスターとピークボルテージアダプターで測定
イグニッションコイル一次側100V以上 パルスジェネレーター0.7V以上
測定値は正常値です。

ここから?????が始まります。
紆余曲折
SANY1831.jpg
最終こいつだあ!

刀1100のタイヤ交換 BT45V タイヤ交換後の点検試乗が恐くて怖くて!

IMG_20191215_133233.jpg
リアタイヤの交換

IMG_20191215_132128.jpg
バランスの狂いは15gと28gの2か所でした。

IMG_20191215_132450.jpg
ホイールバランス OK!

IMG_20191215_140846.jpg
刀1100 いつ見てもいいなっ!

「ついで点検」今回は
空気圧のリムモレ、バルブモレ、ホイールベアリング、リアパッド、ハブダンパー、オイルシール、ボルト類のヤセ

ハイパワー車なのでタイヤ交換後の試乗が恐くて怖くて!
OKMRさんいつもありがとうございます。

KSR-2 久々のメンテナンス おやまあ!

IMGKSR2.jpg
エアーエレメントがボロボロになってる

IMGKSR2 (1)
エアクリーナーケースにも付着
1年といわずせめて2年に1回でも点検しておいたほうが

続きを読む

200系ハイエースワゴン快適化計画 その8 バンパーの板金塗装 エアロ?

IMG_20191208_144315.jpg
来た時からガリガリになってた、のを今回は
出張板金塗装屋さ
に頼まずに「自家塗」

IMG_20191208_144235.jpg
薄パテと塗装と焼付塗装レベルになる「瞬間乾燥」で、この仕上がりに!
100点!

ZRX1100のタイヤ交換 リアタイヤ 前回のフロントはジムカーナ摩耗 RMCC後輩のO氏のタイヤ交換 

IMG_20191206_121445.jpg
リアタイヤもフロントと同じ「ピレリ

IMG_20191206_123605aa.jpg
ディアブロ ロッソ2」で

IMG_20191206_121503.jpg
リアはフロントほどサイドが削れていないのは、走り方が寝かせてのフルブレーキングなのでフロントのサイドに荷重がかかり異様に磨耗するが、リアはホッピング気味なのでフロントほど異様には磨耗しない、とみた。

IMG_20191206_123622.jpg
バランスは16gの表示

IMG_20191206_123710.jpg
ウェイト貼付て「OK」

IMG_20191206_124057.jpg
冬のグリップを考えてこのタイヤをチョイスされた。

IMG_20191206_190248.jpg
OGT君いつもありがとう。風のように颯爽と帰って行きました。
プロフィール

フジホン

Author:フジホン
営業時間:平日10時~夜7時
     日祝10時~夕6時
長らく水曜定休でしたが2020年から「5」と「10」の付く「ごとうび」が定休日となります。
「バイクでわくわく毎日が楽しくて楽しくて」
カブと共に60年
安佐南区のバイク屋 広島ファクトリー藤原ホンダ販売 本店「フジホン」です。
カスタム、修理、新車販売、中古バイク販売、車検、レース活動、ツーリング、バイク輸送、原付免許、バイク高価買取などなど、バイクに関係する日々の楽しい出来事を日記していきます!バイク好きの方は是非見てくださいね?!

ハーレーやエンフィールド、トライアンフや国産カスタム専門の支店「FACTORY R54」はここをクリックまたはリンクから見てね?

ここ↓↓をクリックすると
広島ブログ
広島中のブログの中でこのブログが何人の方に見ていただいているかが見れます。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる